注目

インソールで月にプラス30万稼ぐ方法をメルマガ読者に限定公開します。

足や靴、歩行に興味のある方なら、オーダーメイドインソールを導入すれば、月にプラス30万の利益はすぐ現実のものとなります。売上ではなく利益です! プラス30万がそのまま儲けとして上がってきます。

治療院の経営者・フリーランスのトレーナー・副業として

時間当たりの売上が頭打ちで大幅な売上増が期待できない。物販などでプラスアルファで利益を出したい。スポーツ、健康など、人と関わる副業をしたい。クライアントの自然消滅が続いている。新規顧客の集客のために何かないかと考えている。ブログやSNSに投稿しているが集客に結びついていない。

そんなお悩みをお持ちではありませんか?

このままでは、経営者の方は人件費や宣伝広告費などに、フリーランスの方も月々の家賃などの支払いなどに追われて余裕のある会社経営や人生設計ができません。月に一度くらいはゆっくり休んで、半年に一度はリゾート地などで思いっきり羽を伸ばしたいものです。

オーダーメイドインソール の導入で月にプラス30万の利益

足や靴、歩行に興味のある方なら、オーダーメイドインソールを導入すれば、月にプラス30万の利益はすぐ現実のものとなります。売上ではなく利益です! プラス30万がそのまま儲けとして上がってきます。しかも、定期メンテナンスのシステムを組み込んでそのまま作成した顧客のメンテナンスを行えば、自動的に毎月20万円の利益がプラスされることとなり、月に50万、わずかな投資で安定したリピート収入が得られるのです。

オーダーメイドインソール 作成販売には、フットトレーナーズのインソール学科を受講し修了することで、独自のアライメントチェックのノウハウを取得し、オーダーメイドインソール 作りに反映させる技術を学びます。このノウハウだけを学ぶ座学だけでも、通常教材含め20万円ほどする講座となっていますが、今回はさらに座学にプラス インソールの作成実習を加え、この講座を修了した時点でオーダーメイドインソールをすぐに作れるキットが全て付属します。さらに足首の機能低下を回復させるIASTM施術のテクニックも伝授します。このテクニックは足以外の他の部位にも応用が効き、施術効果やインソール効果をさらに上げてくれるものとなります。

オーダーメイドインソールで患者さんに感謝される治療院に

オーダーメイドインソールは、高機能の水やスピチュアルなアクセサリーでもありません。フットトレーナーズのオーダーメイドインソール ”フィーテック”はスポーツ選手がパフォーマンスをあげるためにどうしたら良いか?同じケガを2度としないためにはどうしたら良いか?を追求して開発されたインソールです。

治療院では治療が終わると次のご予約までお会いすることはありません。しかし、オーダーメイドのインソールがあれば、常に指導者の手の入ったインソールがずっと寄り添うことになるのです。患者さんからしてみれば常に歩きや足の動きを見てあげているのと同じこととなります。オーダーメイドインソールで患者さんから感謝の声がきっと聞けることでしょう。

思い立ったらすぐ行動するあなたへ数量限定早割特典付き!

受講料には販売用のインソールが10セット付属してきます。また、ペア受講される場合お一人30ペアをお付けします。受講修了後にすぐ30ペアを販売すれば既に受講料のほとんどがペイできます。また、今ならお得な早割特典がついています。

受講料に含まれるもの

受講スケジュールと費用はこちら

早期受講特典はこちら

インソールアンバサダー

フットトレーナーズではスポーツ選手の遠征地にオーダーメイドインソールをデリバリーする技術を応用してオーダーメイドインソールの通販システムを開発しました。現在コロナ禍の中にあっても非対面式とあって売上が伸びています。

まずは治療院の患者さんやご自身のご友人向けにフットトレーナーズでインソールを作成してもらいたいという方には、患者さんにインソールをオススメいただき、足型を採取していただく作業を代行していただくことで、紹介料のキャッシュバックで利益をあげるというインソールアンバサダーのコースもございます。インソールアンバサダーになるには口座登録をしてお客さんを紹介するだけでスタートできます。

インソールアンバサダー

インソールを試してみたい方は特典付きサンプル購入から

まずはご自分で試したい。フィーテック®︎インソールをみてみたい、そんな方のためには、サンプルインソールの購入が可能です。

サンプルインソール購入ご希望の方には実際に講義で使用するテキスト「インソールの基礎知識」をダウンロード特典としてプレゼントします。フットトレーナーズの代表飯田が90分の有料セミナーで講義する資料で47ページにわたります。この資料だけでもインソールの魅力と様々なノウハウが詰まったものです。

特典付きサンプルを購入する

まずは、足と靴とインソールのメルマガをご登録ください!

足と靴とインソールに関する情報をお届けするメルマガにご登録ください。定期的に有益な情報をお伝えしていきます。また、インソールアンバサダー希望、特典つきサンプル希望の方はメッセージ欄にご記入ください。こちらから返信させていただきます。

FT式アライメントチェック法のノウハウ教えます!

メールアドレスをご登録いただくと、ご登録いただいた方限定で10回にわたりメール配信にて、フットトレーナーズ式アライメントチェック法を伝授いたします。そして読者特典として「FT式アライメントチェック」の受講用テキストを限定ダウンロードできる特典をプレゼントします。インソールを作るためのアライメントチェックが簡単に正確にできるノウハウが詰まっています。いますぐメールアドレスをご登録ください。

さらに読者限定特典をプレゼント

さらに10回のメール配信を全て読破した読者限定特典としてオーダーメイドインソールの効果がすべてわかる「インソールの基礎知識」の教材も読者限定でダウンロードできます。今すぐこちらのメール登録フォームにご記入ください。

歪んだ足で何が起こるでしょう?

さて、ゆがみの程度は別として、ほとんどの人の足はゆがんでしまっているのですが、では、ゆがんだ足ではなにが起こるのでしょうか?

さて、ゆがみの程度は別として、

ほとんどの人の足はゆがんでしまっているのですが、

では、ゆがんだ足ではなにが起こるのでしょうか?

足は、立ったり歩行したりするときの「土台」という話は前回しましたが、

その土台がレンガ作りだったとしましょう。

ゆがみのない足は、レンガが設計図どおり、きっちりと組み合わさり
上に乗る重い建物をしっかり支えてくれている状態です。

一方ゆがんでしまっている足は、レンガの組み合わせがずれていたりして
とても上に建物は乗せられない状態です。

いわば、このレンガの土台が「足」の骨になるのですが、カカト・足首の骨のブロックに、いかにしっかりとスネの骨(「脚」の骨)2本が乗っているかが問題になってきます。

これが、しっかり乗ることができないと、
上の重さを支えるために、バランスで立とうとしてしまいます

すると、スネの骨2本がねじれたりしまったり
骨というブロックをつないでいる筋肉ががんばらなくてはならないのです

___________________

別冊メルマガのご案内

___________________

治療院の先生、トレーナー、指導者向けに

簡単!便利!「FT式アライメントチェック法」を

2大特典プレゼント付きで購読(全10回)いただけます。

ご希望の方は お問い合わせページからメッセージください。

ゆがみの話

人間のからだは、バランスの悪い状態を絶対に許してくれないようにできています。

前回の日記に「ゆがみのない足」はありませんと書きました。

どういう事なんでしょう?

人間のからだは、バランスの悪い状態を絶対に許してくれないようにできています。

たとえば、足のケガなどで、かばうような動きが出てくると、その状態でのからだのバランスが取れるようにからだは適応を始めようとします。

また、運動不足などで腹筋などの筋力が低下してくると、おなかの周りに脂肪をつけて、体幹を安定させようとしてくるのです。

人間が立っているときの土台。いわば基礎工事に当たる部分は「足」ですが、

人間そのものの身体の骨格のベースとなってくる部分はどこかといいますと、
ズバリ「骨盤」です。

骨盤というのは、背骨の一番下とつながっている仙骨という骨(おケツのわれ目の上にある骨)をはさんで左右2つのおおきな骨で立体的に構成されています。

からだが生活環境や日常でのかたよった動きをしているうちに、この「骨盤」の2枚の骨がゆがむことで、からだのバランスをとろうとしているのです。

骨盤が歪むと、脚の付け根である股関節の位置が変わってきたり、動きの方向などが変わってくるので、そこから下の脚→足も左右差ができてきて、さらにそのバランスを補正しようとして、膝や足首、足の各関節がバランスをとるために歪んでくるのです。

これが、骨盤から足が歪んでくる仕組みです。
(もちろん、靴などが原因で足から変形してくることもあります。)

、、というわけで、右利き左利き、PC、立ちっぱなし、座りっぱなし等、
その他、あらゆるスポーツなどすべての身体活動の影響で背骨や骨盤は「歪む」わけです。

骨盤が歪む機能はいわばバランスをとる機能であり、上下のゆがみの影響を緩和する機能でもあるのです。

少なくとも骨盤が歪んでいる人はいない=足も歪んでいない人も当然いない、、ということになります。

お分かりいただけましたでしょうか?

なぜカッコ良くていい靴はないのか?

先日とある方から質問を受けました。なんで、かっこいい靴、センスのいい靴で足にいい靴はなかなか見つからないのでしょうか?

先日とある方から質問を受けました。

なんで、かっこいい靴、センスのいい靴で足にいい靴はなかなか見つからないのでしょうか?

まずは、「いい靴」の定義とは?
という話から、、

いい靴とは、主たる使用目的・サイズ・足の形状・足の動き、すべてに合っていること。

いくら、お友達や宣伝でこの靴がいいといわれても、これらすべての条件があっていなければいい靴とはいえません。

つまり、それなりに知識を持っていないといい靴を探すのはとても難しいことなのです。

それに加えてデザインなど「好み」が加わると、、ほとんど見つからないのは、当たり前の話です。

さあ、では、一緒に勉強していきましょう!

一般に靴というのは、健康な足形をベースに靴型をおこしたものをベースに作成されます。
つまり、歪んだ足にあわせては作られていないのです。

しかも足の歪んでいない人なんていません。

歪んだ足が理想的な足型でつくられた靴に足が入った時は、足が靴に当たったりしてフィット感が悪く感じます。

仮に、履いただけではいい感触でも、いざ歩き出すと歪んだ足の動きが足に負担をかけてしまいます。

いくら設計上ではいい靴であっても、
履く人の様々な条件に合っているかが「いい靴」と判断されるための最も重要なポイントになってくるのです。

中でも、足の自由度が高い靴や、柔らかい靴、履き口の広い靴は、足の歪みに合わせて靴も歪んでくれますので、当たることはまずありません。

こういった靴は、足には一見優しいように見えるのですが、
歪んだ足から起こる動きが歩くたびに繰り返されますので、足の歪みはさらに助長されてしまう可能性が高いのです。

なぜ女性は靴で悩むのか?

なぜ女性は靴でこんなに悩まなければならないのでしょう?実用的な靴を履く男性に比べると女性の靴は、
服飾としての機能が大きく関係しているようです。

なぜ女性は靴でこんなに悩まなければならないのでしょう?


実用的な靴を履く男性に比べると女性の靴は、
服飾としての機能が大きく関係しているようです。


身分の高い人が履き物を履き始めた古代エジプトの壁画で描かれている靴(サンダル)にはあきらかな宝飾が施されています。

つまり、履物の歴史と靴のファッションの歴史は切っても切れない関係な訳です。

皆さんもちろん靴を探すときはデザインやカラーを重視しますよね?
服を選ぶのと同様にワクワクします。

アパレル店員さんは足のことや靴の知識が無くても、サイズさえ出してこれれば、
履いてみて選ぶのはお客さんだから、靴がカワイければ売れちゃいます。

一方、「足にやさしい靴売っています!」っていうお店に行き、足に優しい靴について教えてもらおうとすると、、
「ヒールは外反母趾になるから履いちゃだめ!」、、とひとくくりにされ
分かりやすいオバサンみたいな靴をすすめられちゃいます。

どちらも間違っていないんですが、、、結局、、

自分で選ぶ靴は、自分で正しい知識をつけるしかないのです。

さあ!おしゃれだけれども、自分に合った靴を探せるように勉強していきましょう!

_________________________________

足と靴とインソールの別冊メルマガのご案内

__________________

当ページのメール配信とは別に全10回のメルマガを発行しています。

治療院の先生やトレーナーの方などインソールやアライメントについて勉強したい方向けのコンテンツです。

”簡単にできる!「FT式アライメントチェック法」”を10回にわたり伝授いたします。

インソール作成において重要なアライメントチェックのノウハウを無料公開!しかも2大特典付き!読者限定で「アライメントチェック法」「インソールの基礎知識」の図解入りテキストブックのダウンロード特典をプレゼントします!

ご興味のある方はお問い合わせ欄に、メッセージを入れてメール登録をお願いします!

___________________

ランニングシューズの使い分け

よく、ショップでは、その靴を履くには実力(具体的なタイムを言われたり)が必要だとか筋力(量)が必要だとか、説明を受けることが多いです。

おはようございます!

今日も2008年12年前のブログのアーカイブス、リマスターバージョンです。

______________________

ランニングシューズ選び

______________________

・レース用
・トレーニング(ジョグ)用、、と

ランニングシューズを目的別に使い分けているランナーの皆さんが多いのではないかと思います。

しかし、多くのランナーの方のレース用とトレーニング用のシューズを実際に目の当たりにすると、、

例えば2足を使い分けているランナーの方の場合、
2足とも「たいして変わらない、」、という組み合わせで持たれている方が多いのです。

典型的なパターンとしては、
1、レース用・・・・レーシングモデルとして売られているタイプ
2、トレーニング用・レーシングモデルに限りなく近いモデル(1、よりはわずかに厚底)
、、、、、という感じです。

これでは、ウェアを着替えるくらいの気分的な差くらいしかありません。

市民ランナーの皆さんの多くは、健康のためだったり、フルを完走したいとか、
そして記録を縮めたい、などという思いがそれぞれあるはずなのですが、
唯一の道具であるシューズにおいては、オーバースペックのものを選択するケースが多く、

その場面ごとにオーバースペックのものを選択した結果、
故障したり、完走できなかったり、タイムが縮まらないという結果になっているような気がします。

ここでいうオーバースペックというのは、いわゆる実力とか走力とか筋力というレベルにあっていないという意味ではなく、

その靴で、レースもしくは練習の距離数を、その靴を使うユーザーの足(脚)の能力をどれだけ助けられるか(どれだけマイナスにしないか?)というポイントに終始します。

よく、ショップでは、その靴を履くには実力(具体的なタイムを言われたり)が必要だとか筋力(量)が必要だとか、説明を受けることが多いです。

でも、筋肉あれば、そのような靴が履けるのならボディビルダーは全員レーシングシューズですし、早いランナーは靴が原因では故障することはない、、ということになります。

いずれにしても靴選びは、自分の走力や体力レベルでなくて、
自分の足の崩れや動きのクセなどの強弱レベルに合わせることが大事だと思います。

もちろんどのくらいの強度で何Km走るのかも加味した上で、

フルマラソンのタイム別に靴のグレードが分かれているのもおかしな話で、
これは、総合的な走力をただ単純にタイムに置き換えているだけにすぎません。

もっとも足の崩れや動きのクセをはかるスケールもないですし、
そんなこと教えてあげられるお店はないですから。

理想としては、

故障の原因となる動きや偏った筋肉の使い方をしないようなシューズを、
使用するスピードや時間、環境(路面など)を考えて選ぶ。

トレーニングで使って、いい状態の足(脚)と体を作る。

その出来上がり具合にとレース内容(距離・アップダウンなど)で、試合に使うシューズを決める。

もちろん、足ができていれば、短時間のロードレースなどでは、脚の力を信じて薄く、軽量なタイプで勝負してもいいこともあるかと思います。

フルマラソンで軽量のレースシューズを使いたいなら、
セイフティなシューズでの念入りな足作りが必要ということですね。

足ができていなかったら、よりセイフティなシューズでレースにでるということです。

とにかく、靴によって自分の能力をマイナスにしない

なので、どうせ2足持つなら、トレーニング用シューズをもっともっとセイフティなシューズにすることで、
故障の少ない総合的な走力をつけておくことが大事。(インソールも効果大です)

セイフティシューズは初級者だけのものではありません!

________________________

人々を足の痛みから解放したい

日本人のインソール使用率を50%以上にしたい

www.foottrainers.net

東京都港区南青山1−2ー6ラティス青山スクエア2F

株式会社フットトレーナーズ

____________________

トップランナーのシューズ

以前、ある実業団ランナーが足底部を痛めてインソールを作りに来ました。足をついても激痛。休むしかありません。

おはようございます!

ブログアーカイブス2018年のブログから

懐かしいと同時にこんなことを書いていたんだな〜と思いますね

ブログを中断していた時期が長かったですが、もっとアウトプットを続けていればよかったと反省しています。

____________________

本日のトピックは

トップランナーのシューズ

____________________

以前、ある実業団ランナーが足底部を痛めてインソールを作りに来ました。

足をついても激痛。休むしかありません。

普段履きでランニングシューズを履いていたのをやめて、
厚底でシャンクの効いたトレッキングシューズ+インソールを普段から履くようにしてもらい、

復調に向けてのレースでは、周りの選手にびっくりされるほど初心者が履くようなセイフティシューズ+インソールで走りました。

つまり、足ができていない、完全に戻っていない不安定な状態ではトップアスリートでもセイフティシューズを履くのです。

逆に足がしっかりできている場合は薄いレーシングソールで走ったほうが、出来上がった脚力を発揮できるのです。(2020年の現在では厚底レーシングが流行していますが、薄底を新製品で出しているブランドもたくさんあり評価は拮抗しています。)

ちなみに私の知っている別の実業団の選手は、3タイプのシューズを使い分けていました。

バリバリのレース用(スポンジソールと言われる薄型)+軽量インソール

そしてバリバリのセイフティシューズ+インソール  これは主にメインレース終了後の調整やシーズン初めのLSDで使用するそうです。

3足目はその中間くらいのスペックのもの+インソール。

この3足を条件や距離、体の状態に合わせて使い分け、

さらにレース用はトレーニングシューズと同仕様のインソールと、効果の弱めの軽量インソールの2枚でさらに使い分けをしていました。

トップランナー=レース専用のシューズをいつも履いている

、、必ずしもそういうわけではないのです。

追記:中にはレース用シューズを普段ばきにも使っている選手もいます。でもこれは間違いと言えます。トップスピードで走る設計のシューズと重心の移動の遅いシューズでは設計そのものが異なるからです。

___________________

「人々を足の痛みから解放したい」

「日本人のインソール使用率を50%にしたい」

www.foottrainers.net

東京都港区南青山1−2−6ラティス青山スクエア2F

株式会社フットトレーナーズ

_____________________

ハイヒールと外反母趾

ある本に「ハイヒールは悪魔の靴」と書いてありました。はたして本当にそうなのでしょうか?

______________________

ハイヒールと外反母趾

______________________

ある本に「ハイヒールは悪魔の靴」と書いてありました。

はたして本当にそうなのでしょうか?

ハイヒールでも足が前に滑っていかなければ、
外反母趾やハンマートゥにはならないという説が最近は広まりつつあります。

それを検証するものとして、
ハイヒールを履かない子供や、田舎で一生をすごし、ヒールなどと無縁な女性にも
外反母趾はいるのです。

とある研究発表のデーターによると、
ハイヒール着用暦ありと着用暦なしの外反母趾発症率を調査してみると、
着用暦ありが着用暦なしよりも2~5%近く外反母趾発症率が高いことがわかりました。

たしかに、ハイヒール着用暦のあるないでは、着用暦ありのほうが多いのですが、
問題はそれほど圧倒的な差がないということです。

データーをさらに解析していくと、ハイヒール着用暦のない40代女性と、
ハイヒール着用暦ありの20代女性では、発症率がほとんど一緒なのです。

しかも、ハイヒールの着用年数と外反母趾の発症率は比例しないことも
調査でわかってきました。
長くハイヒールを使用している人の発症率が必ずしも高くはなく、
着用10年未満の人と30年未満の人の発症率はほとんど変わりません。

これらのことが意味しているのは、ハイヒールの誤った使用による足への負担は否めないところですが、
仮に長く履いたとしても発生率には関係ないので、20代より40代のほうが長くハイヒールを履いているから、外反母趾になりやすいという説は成り立ちません。

着用暦ありなしでもさほど大差はなく、20代40代も変わらない。
つまり、靴以外の要因もあるということです。

ホルモンバランスの影響も関係していることがわかってきたり
加齢とともに変化する姿勢も影響は大きいです。
(男性の外反母趾は70代になり急激に上昇します)

これらの要因にプラス靴がきっかけとなり外反母趾になるケースは多いと思われますが、あくまでもきっかけに過ぎないのではないかと思います。

私が思うに性差、姿勢、運動形態(歩行など)、、そして靴
これらの条件が揃うことで外反母趾は発生するものと考えます。

そこで、どんなハイヒールがいいかというと、
ヒールの高さが個々の歩行形態に合っている。(回内、回外のバランス)
足が滑りずらく、狭いトゥ部分で圧迫されない。
滑らないようにソール部分のカーブの落ち込むポイントが重心位置よりも前にある。
ヒール高が極端に高すぎないもの(前足部のみの荷重は開帳足を招きやすい)

このようなポイントに注意して選んで、決して無理はしないことです。
歩きが多いときは履かない、、フォーマルな場面では、履き替えるなどの工夫が必要ですね。

____________________

「人々を足の痛みから解放したい」

www.foottrainers.net

東京都港区南青山1−2ー6ラティス青山2F

株式会社フットトレーナーズ

____________________

インソールが原因で足底筋膜炎?

足底筋膜炎 土踏まずや足裏のかかと周辺などが痛くなる症状で、
朝起きての一歩目で足裏に激痛が走ったりします。

おはようございます!

今回からフットトレーナーズブログ・アーカイブスです。

2008年1月14日投稿のブログより

__________________

本日のトピック

フットトレーナーズブログ・アーカイブス

インソールが原因で足底筋膜炎に?

__________________

足底筋膜炎

土踏まずや足裏のかかと周辺などが痛くなる症状で、
朝起きての一歩目で足裏に激痛が走ったりします。

足底部のオーバーユースで起こることが多いのですが、
土踏まずが落ち込む動きから足裏に負担がかかることが原因となることが多いようです。

足裏の土踏まず部分のテンションが強くなったり、弱くなったりのギャップが大きいと発症しやすいようで、この症状があらわれると、完全に近い状態に戻るまで運動や足裏に負担がかかる状態を控えないと、完治までかなりの長い時間を要してしまいます。

完治しても体の使い方が足裏に負担がかかるような歩行などをしている限り、繰り返し症状があらわれてしまうこともある厄介な症状です。

足裏の土踏まず部分のテンションが強くなったり、弱くなったりのギャップが大きいという意味では、

しっかりし過ぎた、硬ーいインソールを使うと、そのインソールを使用しない状態とのギャップで足底筋膜炎になりやすくなってしまうこともあります。

先日いらしたランナーの方は、体重が掛かっても全く変形しないような硬質のプラスチックで作られたインソールを使っていました。
しかも、過回内(オーバープロネーション)と診断されて処方されて作ったものだけに土踏まずがものすごい高さで上げられています。

この方はランニングで足を使った後の土踏まずが落ち込みやすい状況で、その高いアーチでキープされた状態から一気に偏平足状態で歩くことになってしまい、足底を痛めてしまいました。

同じようなインソールを使用していて、シンスプリントになったランナーの方もいらっしゃいました。

これは、アーチの落ち込みに連動して、スネの2本の骨(脛骨・腓骨)の間の動きが大きくなり炎症をおこしてしまったことが原因のようです。

また、硬いインソールでなくても、土踏まずがつぶれるような動きが大きな方の場合で、競技のときだけインソールを使うというアスリートにも同じような症状があらわれやすかったりもします。

例えばスキー選手で、スキーの時にインソールを使っていて、練習の後のロードワークでインソールなし、、というケースだったり、
トライアスロンの選手で、バイクでは使ってるけれどランニングではインソールを使用していない場合などが代表的な例です。

柔軟性の乏しいインソールを使い慣れてしまうと、
足をがっちり支えすぎてしまい
アーチを形成している筋肉(代表的なものに後脛骨筋や腓骨筋群)が運動で使われなくなってしまうため、機能低下を起してしまう可能性があります。
もちろん、運動のたびにアーチが落ち込んでしまっている場合も、筋肉のオーバーユースで同様に機能低下してしまうのですが、だからといって逆にがっちり止めすぎると、それらの筋肉が働かなくてもよい状態になってしまうので、使わなくなってしまうのです。

土踏まずが落ち込みすぎるからといってインソールで過激にアーチをあげすぎたり、
インソールの隙間をがっちり埋めてしまったり、硬い素材で作成するとこのような危険性があるのです。

________________

「人々を足の痛みから解放したい」

www.foottrainers.net

東京都港区南青山1−2−6ラティス青山スクエア2F

株式会社フットトレーナーズ

_________________

インソールの衝撃吸収は必要か?

市販されているインソールにはカカトの部分にクッション材やゲル状のものが入っていることで着地の衝撃を和らげようとするものが多く存在します

おはようございます!

早いものでこのサイトを始めてから

あっという間に2週間も経ってしまいました。

_____________________

本日のトピック

インソールに衝撃吸収材は必要か?

_____________________

市販されているインソールにはカカトの部分にクッション材やゲル状のものが入っていることで着地の衝撃を和らげようとするものが多く存在します。

ところが、カカトには、元々人間本来が持っている天然の衝撃緩衝材とも言えるものが入っているのをご存知でしたか?

実は、カカトの皮膚の下には、すぐ骨はなく、ヒールファットパッドと呼ばれる脂肪の塊が束になって形成された組織が厚くかかとをまもっているのです。

このヒールファットパッドは立ちっぱなしなどで、かかと荷重が続いたり、長時間の歩行などでだんだんと平べったく横に広がっていきます。するとかかとが痛くなったりするので、つい何か柔らかいもので守ってあげたくなってしまうんですね。

でも、かかと部分を立体的にサポートしてあげることができれば、長時間の立ち姿勢でもヒールファットパッドが広がることはなくなり、足の持つ本来の衝撃吸収力が増してくるのです。また、靴のカカトのパーツ「ヒールカウンター」もカカトが潰れていくのを防いでくれる役目があります。

インソールもよくよく見てみると、平べったいインソールほどカカトにジェルの様なものやスポンジの様なものがついていることに気づきます。

つまりアーチやヒール部分を立体でサポートしているインソールには、足が本来持つ衝撃緩衝能力が活かせるのですが、アーチのサポートやヒールがカップされていないインソールほどダイレクトに衝撃がかかるので衝撃吸収素材が必要になるのです。

つまりカカトや母指球あたりが痛いからと言って柔らかい素材のシートを敷くよりも、アーチを立体的に上げてヒールをカップしてあげるインソールを使ったほうが楽だということです。

また、アーチをサポートされていてヒールも立体的に形を作っているインソールに、衝撃吸収素材を入れてしまうと、少しやりすぎになってしまう可能性があります。

足の裏は、力を受け出す器官であって力の入力と出力はイコールであることが物理的に言えます。つまり衝撃を感じない様にするということは、力を発揮する時にも力が伝わらないということを意味します。

同時に床半力と言って反発性の高い素材ほど、衝撃から足を守ってくれそうですが、実は圧力が一番かかるところに一番半力が戻ってきてしまうんです。

それに着地の時にカカトが衝撃吸収材でブニュブニュしていると着地が不安定になってしまいますよね。

シューズにもカカト部分には衝撃を緩衝する機能や素材がついてくることが多いので、インソールと合わせるとちょっと過剰になりがちになる可能性があります。

まずは、足のもつ本来の機能をオーダーメイドインソールで形作ってあげることが大事です。インソールは、良い足の状態をキープする器(うつわ)の様な役目も果たしているんです。

________________________

「人々を足の痛みから解放したい」

www.foottrainers.net

東京都港区南青山1−2−6ラティス青山スクエア2F

株式会社フットトレーナーズ

_________________________

医療用インソールについて

医療用のインソールとは、治療目的で作られるインソールのことです。

おはようございます!

昨日の投稿で厚底シューズについて書きましたがこんなお客様もいらっしゃいました。

厚底レースシューズで足首周りを故障して、ノーマルのセイフティシューズ+インソールで走ると痛みが出なくなり、しばらく痛みが出なかったのですが、シューズを厚底レースシューズに戻したら急にまた再発しました。インソールは入っていましたが、インソールで動きを止める以上に足首の内外への動きが大きかったのでしょう。

______________________

本日のトピック

医療用インソールについて

______________________

医療用のインソールとは、治療目的で作られるインソールのことです。

よく病院に行っても「骨に異常はありません、湿布を出しときます」しか言われない、とよく聞きますが、病院とはそういうところなんですね。仮に病名や怪我の名前がつく様な診断ができたとしても、軽症であれば、原因がどうとかはあまり言ってはくれません。お医者さんは「今ここにある怪我や病気」と向き合うのが仕事です。

フワッとした症状にフワッとした診断をしませんし、サプリメントを勧めるわけではなので、薬だって痛ければ症状にあった痛み止めを出してくれます。スポーツドクターの一部の先生はアライメントを見て問題の原因を教えてくれるかもしれませんが、基本的に専門外です。

同様に医療用のインソールとは、足の怪我や故障に対し、医師の指示で義肢装具士が作る医療用足底板のことをいいます。

基本的にドクターのインソールは、症状の固定もしくは保存(悪くならない様にそっとしておく)を目的で足底板を処方します。ギブスまでいかないけれど、足裏のアーチを固定しといた方が痛みが出ないだろう、といった時などに処方されるのです。

医療用のインソールや医療の現場から開発されたインソールというのは、基本は足の固定を目的とするものが多いのです。明らかにスポーツから開発されたスポーツ用インソールとはその生い立ちが異なるのです。

スポーツインソールは、足の運動を、インソールのカカト部分、アーチ部分などを立体的にサポートすることで、足の動きをコントロールし、重心の移動をコントロールすることに長けています。医療用インソールが「静」ならスポーツインソールは「動」になるわけです。

日本の理学療法士の方が開発したインソールがありますが、パーツを貼っては歩き、を繰り返し、パーツの処方が複雑すぎて作成に時間がかかり、また、再現性も低いこと、スポーツで使用すると足裏に反発が強すぎたりズレたりするので、あまりスポーツ向きとは言えません。

医療と聞くと、医者ドクター国家資格、と連想され、ドクターのいうことが正しい。となりがちですが、そもそも専門分野で余程足のことを研究しているドクターでもない限りは、足の動きや重心の位置、姿勢やアライメントといったものは専門外であることが多いのです。

つまり、スポーツインソールの競合(コンペティター)は医療インソールではないということです。

たまに私も言われることがあります。「インソールはお医者さんで作っているから大丈夫です」、、と

ちなみにフットトレーナーズのお客様にはドクター、お医者様が多いです。

ランニングフォーム、ゴルフ用インソール、歩行指導を定期的に受けにいらしているお客さんは実はドクターだらけです。

______________________

「人々を足の痛みから解放したい」

www.foottrainers.net

東京都港区南青山1−2−6ラティス青山スクエア2F

株式会社フットトレーナーズ

_______________________