腰の回旋とスイングスポーツ

腰椎は回旋しない様にできているので、ヒトの腰は回りません。

おはようございます!

せっかくの週末に雨ですね!

こんな日はモノ書き日和です、、

_______________

本日のトピック

腰の回旋とゴルフのスイング

_______________

以前、腰部(骨盤帯)の回旋について書きましたが、

誤解があるといけないので追記させていただきます。

腰椎は回旋しない様にできているので、ヒトの腰は回りません。

腰を回すという動作は胸椎から上が回旋する動作と、股関節での内外旋による動作です。

立って回すと股関節が内旋外旋してクルクル腰が回ると思います。それに上半身の捻りが加わることで、腰椎があたかも回転している様に見えてしまうんですね。

せっかく突っ立ったままクルクル回せるのに、ゴルフや野球の構えになると皆さん急に足場を固めたがるんですね、ゴルフのスイングも股関節の内外旋の入れ替えでかなり素早く回せますし、重心の移動なんか気にしなくても、オートマチックにスタンス次第で重心移動ができてしまいます。

さらに下半身で回せるから、上半身で無理に肩を回そうとしなくでも大丈夫になります。パター、ウェッジからドライバーまでスタンス変えるだけでブンブン回ります。

是非試してみてください。

これを腰椎が回ると勘違いしていると回らない腰を胸椎のねじれで捻ろうとすることで腰椎に負荷がかかって腰を痛めてしまいます。

腰を股関節をメインで回す時に膝がニーインしないで沈み込まず回転する力を最大限に活かしてくれるのに一役買っているのがオーダーメイドインソールです。

おそらくオーダーメイドインソールでゴルフの飛距離が伸びる理由はそこにあるんだと思います。ニーインしずらくなることで、股関節からの腰の回転をしやすくする。また、レベルをキープしたまま振れるので、クラブのフェースのど真ん中に球がよく当たる様になるのだと思います。

ゴルフではアプローチでもショットの再現性が高くなると思います。

またこの股関節ショットは卓球の選手などにも見られる動きですね。

_________________

「人々を足の痛みから解放したい」

www.foottrainers.net

info@foottraners.net

東京都港区南青山1−2−6ラティス青山スクエア2F

株式会社フットトレーナーズ

__________________

投稿者: Kiyoshi IIDA

姿勢・動き・競技中の動作解析などからカラダの動きや姿勢の問題点を抽出しケガ予防・コンデショニング・パフォーマンスアップなど、問題解決に向けて総合的な コンサルテーションを行うスペシャリスト。 専門分野:オーダーメイドインソール 作成・アライメントトレーニング指導・シューズ全般 JOC (財)日本オリンピック委員会 強化コーチングスタッフ(2002〜2011) (財)全日本スキー連盟モーグルチームテクニカルスタッフ(2001〜2011) 2002ソルトレイクシティ・2006トリノ・2010バンクーバーオリンピックに全日本スキーチームとして帯同 NSCA認定ストレングス&コンデショニングスペシャリスト(CSCS)2004〜2015 山形県スポーツタレント発掘事業YAMAGATAドリームキッズ講師(2008〜)スポーツシューフィッター制度創始者 日本障害者スキー連盟 IDアルペン コーチ兼トレーナー(2018〜)中央大学保健体育研究所 客員研究員(2019〜)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です