骨で立てる脚

人間の左右2本の脚には、1 「骨」で立つのが得意な脚
2 「バランス」をとって立つのが得意な脚 があるはずです。

人間の左右2本の脚には、

1 「骨」で立つのが得意な脚
2 「バランス」をとって立つのが得意な脚

があるはずです。

1の脚は、骨の並びが正常に近く、
骨がフレーム(骨格)として作用しているため、
体重も支えやすく、運動の力も伝えやすい脚です。

そして、2の脚は骨の並びが悪かったり、
ねじれてしまったりしているために、
骨で体重を支えることが難しく、
運動をしても力が逃げやすい脚です。

1の脚には、普段立っているときに、つい体重を乗せてしまう側の脚。
でも、一度バランスが崩れるともとに戻すのは難しかったりします。

2の脚は、もともと骨の並びのバランスが悪いので、
骨で立てない代わりに筋肉に頼り、
バランスを崩しながらバランスを取っている脚です

もし、片足で手押し相撲をやったら、1のほうが押すときに力が入りますが、
倒されそうになって粘れるのは2のほうだったりします。

サッカーボールをけるときに軸になってくる脚は2.
片足になったときの運動のバランスが取りやすいから、、

歩いたり走ったときにしっかりと地面を蹴れるのは1、
雨の日にはこっちの足だけ後ろでスリップしたりします。

普通日常生活ではほとんど問題がない程度に
こういったクセは、必ず皆さん持っています。

スポーツや姿勢の悪化などから、
こういった特徴が大きく出始めると、
痛みなどの問題となるケースが多いのです。

それぞれどちらの脚も同じケガのリスクはありますが、怪我が起こるメカニズムがそれぞれ違うということになります。

原因のアプローチして改善を目指すのであれば、その見分けがつかないといけませんね。

_________________

アライメントチェックがわかる。メルマガ別冊版

「簡単、便利、FT式アライメントチェック方法」を別冊メルマガ(全10回)読者に方限定で公開します。

しかも、2大特典のプレゼント付きです。

購読希望の方はお問い合わせページからメッセージをください。

投稿者: Kiyoshi IIDA

姿勢・動き・競技中の動作解析などからカラダの動きや姿勢の問題点を抽出しケガ予防・コンデショニング・パフォーマンスアップなど、問題解決に向けて総合的な コンサルテーションを行うスペシャリスト。 専門分野:オーダーメイドインソール 作成・アライメントトレーニング指導・シューズ全般 JOC (財)日本オリンピック委員会 強化コーチングスタッフ(2002〜2011) (財)全日本スキー連盟モーグルチームテクニカルスタッフ(2001〜2011) 2002ソルトレイクシティ・2006トリノ・2010バンクーバーオリンピックに全日本スキーチームとして帯同 NSCA認定ストレングス&コンデショニングスペシャリスト(CSCS)2004〜2015 山形県スポーツタレント発掘事業YAMAGATAドリームキッズ講師(2008〜)スポーツシューフィッター制度創始者 日本障害者スキー連盟 IDアルペン コーチ兼トレーナー(2018〜)中央大学保健体育研究所 客員研究員(2019〜)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です