骨で立てる脚の足のトラブル

骨で立てるほうの脚(足)には、どんな問題が潜んでいるのでしょうか?

さて、バランスを取ってしまう方の脚(足)は骨で立つことができないので、
反対側の脚に比べて筋肉に負担をかけてしまうことが多い、という話でしたが、、、

骨で立てるほうの脚(足)には、どんな問題が潜んでいるのでしょうか?

こちらの脚(足)はしっかり力を伝えて立ったり運動したりすることができるのですが、
膝が内側にねじれるように入ってしまったり、腰をねじるような骨盤の動きは出にくいので、
歩行や運動のたびに腰ごと横に逃げてしまうようなクセがでてしまいます。

つまり、体重をかけられる軸が作れるだけに、
反対足よりも無意識に体重を預けやすいのです。

結果、真横に体を逃がして安定したアングルを作ろうとしてしまうのです。

試しに鏡の前で片足立ちしてみましょう。
どちらかの足での片足立ちのほうが、大きく横に動いてしまうはずです。

鏡がなくても、片足になると、一度外側に大きく流れて戻るか、
足の小指側に乗ってふらつくはずです。

脚(leg)では、側方への動きを止めようとして外側の筋肉を使い過ぎてしまい
腰の横が張ったり、膝の外側が痛くなったりします。

足(foot)では、小指側に乗りやすくなるため、小指側が痛くなったり、
捻挫をしやすかったりします。
足の外側荷重から内側荷重への動きが大きいので、
足首周りを痛める人も多いようです。

投稿者: Kiyoshi IIDA

姿勢・動き・競技中の動作解析などからカラダの動きや姿勢の問題点を抽出しケガ予防・コンデショニング・パフォーマンスアップなど、問題解決に向けて総合的な コンサルテーションを行うスペシャリスト。 専門分野:オーダーメイドインソール 作成・アライメントトレーニング指導・シューズ全般 JOC (財)日本オリンピック委員会 強化コーチングスタッフ(2002〜2011) (財)全日本スキー連盟モーグルチームテクニカルスタッフ(2001〜2011) 2002ソルトレイクシティ・2006トリノ・2010バンクーバーオリンピックに全日本スキーチームとして帯同 NSCA認定ストレングス&コンデショニングスペシャリスト(CSCS)2004〜2015 山形県スポーツタレント発掘事業YAMAGATAドリームキッズ講師(2008〜)スポーツシューフィッター制度創始者 日本障害者スキー連盟 IDアルペン コーチ兼トレーナー(2018〜)中央大学保健体育研究所 客員研究員(2019〜)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です