ヒールからスニーカーに履き替えると腰が痛くなる人は?

人間は骨で立てていれば、筋肉に負担をかけることがありません。文字通り骨格(フレーム)なんですね。

ヒールからスニーカーに履き替えると腰が痛くなる人は?

人間は骨で立てていれば、筋肉に負担をかけることがありません。
文字通り骨格(フレーム)なんですね。

そして人間の体は不安定な状態を絶対に許してくれず、姿勢にしても必ず補正をして、バランスを取ろうとします。

通常、不安定な姿勢では筋肉に負担がかかっており、それを補正しようとする段階や運動の中でも筋肉に負担がかかります。

このような偏った筋肉の使い方が、コリや痛みとなってでてくるわけです。

お仕事などでヒールやパンプスを履かなければならない方や、常にヒールを履いている方は、
通常の姿勢がヒールの姿勢で安定しつつあるので、逆にスニーカーなどを履くことで姿勢や筋肉の使い方や稼動範囲がかわってしまい、逆に筋肉が張ってしまうんです。

投稿者: Kiyoshi IIDA

姿勢・動き・競技中の動作解析などからカラダの動きや姿勢の問題点を抽出しケガ予防・コンデショニング・パフォーマンスアップなど、問題解決に向けて総合的な コンサルテーションを行うスペシャリスト。 専門分野:オーダーメイドインソール 作成・アライメントトレーニング指導・シューズ全般 JOC (財)日本オリンピック委員会 強化コーチングスタッフ(2002〜2011) (財)全日本スキー連盟モーグルチームテクニカルスタッフ(2001〜2011) 2002ソルトレイクシティ・2006トリノ・2010バンクーバーオリンピックに全日本スキーチームとして帯同 NSCA認定ストレングス&コンデショニングスペシャリスト(CSCS)2004〜2015 山形県スポーツタレント発掘事業YAMAGATAドリームキッズ講師(2008〜)スポーツシューフィッター制度創始者 日本障害者スキー連盟 IDアルペン コーチ兼トレーナー(2018〜)中央大学保健体育研究所 客員研究員(2019〜)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です