LAのビジネスウーマン事情

私が米国○○の社員として働いていた頃の話です。
同僚の多くのビジネス・ウーマンのオフィスの引き出しには、ハイヒールが入っていました。

ブログで興味深い日記を発見しましたので紹介します。
以下はとある社長さんの日記です。

↓ここから
私が米国○○の社員として働いていた頃の話です。
同僚の多くのビジネス・ウーマンのオフィスの引き出しには、ハイヒールが入っていました。最初は「机に靴をしまって置くなんてあまり感心しないな」程度に思っていたのですが、後になって「これは中々面白いことを発見した」と感じたのでご紹介します。
ロサンゼルスでの話ですから、勿論みんな車で通勤です。彼女たちの多くは○○社員としての誇りと自信に溢れていて、皆ビジネス・スーツ(ドレス?)で決めています。そんな彼女たちが朝オフィスに現れるのを見ていると皆スニーカーでカジュアルな格好なんです。こう書いただけでは「それがどうした?」って感じかも知れませんが、日本の所謂OLと比べると面白い事に気がついたのです。(私の日本は18年以上前の日本ですから、かなり状況は変わっているかもしれませんが)私の記憶では日本の多くのOL達は、ハイヒールとブランド物の洋服で通勤して、オフィスでスニーカーと制服に着替えていました。(私が日本で担当していた金融機関での話です)
これではまったく正反対です。
↑ここまで

実際にNYなどの通勤風景などはTVや映画でみたものの、
実際どうなんだ?というところがあったのですが、
ロスでのリアルなお話が聞けてとてもうれしくなりました。

このように靴を履き替えるというスタイル、
実はNYの大停電がきっかけだったと聞いています。(2回ぐらいあるけど最初の、、はず)

帰宅難民になったNYのビジネスウーマンたちが、ヒールで長時間かけて家に帰り、
さんざんな目にあったのがきっかけだとか、、

いずれにしても、たくさん歩くための靴でないハイヒールで通勤して、
あまり歩かないオフィスでスニーカーやサンダルに履着替える日本人はちょっと不思議です。

ブログではこの感覚に違いについて「内」と「外」という観点から社長さんが感じたことがコメントしてあり、非常におもしろく読ませていただきました。

電車の中でお化粧をしている女性を見かけると、その女性にとってどこからが外なのかな?と疑問に思うのは私だけでしょうか?

投稿者: Kiyoshi IIDA

姿勢・動き・競技中の動作解析などからカラダの動きや姿勢の問題点を抽出しケガ予防・コンデショニング・パフォーマンスアップなど、問題解決に向けて総合的な コンサルテーションを行うスペシャリスト。 専門分野:オーダーメイドインソール 作成・アライメントトレーニング指導・シューズ全般 JOC (財)日本オリンピック委員会 強化コーチングスタッフ(2002〜2011) (財)全日本スキー連盟モーグルチームテクニカルスタッフ(2001〜2011) 2002ソルトレイクシティ・2006トリノ・2010バンクーバーオリンピックに全日本スキーチームとして帯同 NSCA認定ストレングス&コンデショニングスペシャリスト(CSCS)2004〜2015 山形県スポーツタレント発掘事業YAMAGATAドリームキッズ講師(2008〜)スポーツシューフィッター制度創始者 日本障害者スキー連盟 IDアルペン コーチ兼トレーナー(2018〜)中央大学保健体育研究所 客員研究員(2019〜)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です