かかとの減りが早い人

かかとの外側の靴の減りが異常に早い方

歩き方がどうこうの前に、

履いているシューズの大きさが

サイズが馬鹿でかい可能性があります。 

靴の中で足が前に滑って、自分が「かかと」だなーって思っているところと、靴のかかとの場所の距離があまりにもありすぎて、かかとを擦ってしまいます。 

それにしても、大きいサイズはいてる人多いですねー 
ウイズに合わせてしまうとどうしてもっていうのもあるんですが、、、 

ルーズに靴を履くのは
足にとって自由度が高すぎてしまいます。

つまり靴の中で足が自由に動いてしまうということです。


長距離の歩行や走ったりするときは気をつけましょう。 

特にランナーの方は大きいサイズで走ると、 
履き口は広いし、全体のつくりは大きいしで、 
足が前に突っ込んでしまって、小さいサイズを履いてるのと同じ問題が出ることがあります。 

知らないでショップに「足の先にマメができた」と相談すると、どんどん大きいサイズ買わされちゃいますので、ご注意を。 

以前にも書きましたが、付属の紐は、その靴が大体ベストな状態でクロージングされたときに合わせた長さのものが入っていますので、履いてみて付属の紐が異常にあまっていたら大きいかな?と疑っていいかもしれません。 

投稿者: Kiyoshi IIDA

姿勢・動き・競技中の動作解析などからカラダの動きや姿勢の問題点を抽出しケガ予防・コンデショニング・パフォーマンスアップなど、問題解決に向けて総合的な コンサルテーションを行うスペシャリスト。 専門分野:オーダーメイドインソール 作成・アライメントトレーニング指導・シューズ全般 JOC (財)日本オリンピック委員会 強化コーチングスタッフ(2002〜2011) (財)全日本スキー連盟モーグルチームテクニカルスタッフ(2001〜2011) 2002ソルトレイクシティ・2006トリノ・2010バンクーバーオリンピックに全日本スキーチームとして帯同 NSCA認定ストレングス&コンデショニングスペシャリスト(CSCS)2004〜2015 山形県スポーツタレント発掘事業YAMAGATAドリームキッズ講師(2008〜)スポーツシューフィッター制度創始者 日本障害者スキー連盟 IDアルペン コーチ兼トレーナー(2018〜)中央大学保健体育研究所 客員研究員(2019〜)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です