骨で立てる脚

人間の左右2本の脚には、1 「骨」で立つのが得意な脚
2 「バランス」をとって立つのが得意な脚 があるはずです。

人間の左右2本の脚には、

1 「骨」で立つのが得意な脚
2 「バランス」をとって立つのが得意な脚

があるはずです。

1の脚は、骨の並びが正常に近く、
骨がフレーム(骨格)として作用しているため、
体重も支えやすく、運動の力も伝えやすい脚です。

そして、2の脚は骨の並びが悪かったり、
ねじれてしまったりしているために、
骨で体重を支えることが難しく、
運動をしても力が逃げやすい脚です。

1の脚には、普段立っているときに、つい体重を乗せてしまう側の脚。
でも、一度バランスが崩れるともとに戻すのは難しかったりします。

2の脚は、もともと骨の並びのバランスが悪いので、
骨で立てない代わりに筋肉に頼り、
バランスを崩しながらバランスを取っている脚です

もし、片足で手押し相撲をやったら、1のほうが押すときに力が入りますが、
倒されそうになって粘れるのは2のほうだったりします。

サッカーボールをけるときに軸になってくる脚は2.
片足になったときの運動のバランスが取りやすいから、、

歩いたり走ったときにしっかりと地面を蹴れるのは1、
雨の日にはこっちの足だけ後ろでスリップしたりします。

普通日常生活ではほとんど問題がない程度に
こういったクセは、必ず皆さん持っています。

スポーツや姿勢の悪化などから、
こういった特徴が大きく出始めると、
痛みなどの問題となるケースが多いのです。

それぞれどちらの脚も同じケガのリスクはありますが、怪我が起こるメカニズムがそれぞれ違うということになります。

原因のアプローチして改善を目指すのであれば、その見分けがつかないといけませんね。

_________________

アライメントチェックがわかる。メルマガ別冊版

「簡単、便利、FT式アライメントチェック方法」を別冊メルマガ(全10回)読者に方限定で公開します。

しかも、2大特典のプレゼント付きです。

購読希望の方はお問い合わせページからメッセージをください。

歪みから筋肉への負担

骨格のことをフレームといいますが、フレームというと、自転車や自動車の骨組みだったり、
ビルの鉄筋などを想像しちゃいますね。人間の骨格も、フレーム、つまり骨組みや鉄筋なわけです。

骨格のことをフレームといいますが、

フレームというと、自転車や自動車の骨組みだったり、
ビルの鉄筋などを想像しちゃいますね。

人間の骨格も、フレーム、つまり骨組みや鉄筋と同じなわけです。

この骨組みが設計図どおりではなく、ゆがみ始めると、
筋肉に負担がかかり始めます。

筋肉は、立っているときのバランスをとったり、
体の姿勢のバランスをコントロールしたり、
動きの中でのバランスを補正するために一生懸命がんばってくれますが、

日常生活でいつも同じような姿勢やクセのある動き、
スポーツなどで同じところしか使わない、、などなど、、で

使いすぎの状態になってきてしまいます。
筋肉の使いすぎは、違う筋肉とのバランス関係を崩したりして、
さらに骨組みのゆがみを発生させます。

このメカニズムが、皆さんの悩みの外反母趾やO脚、、さらに肩こり・腰痛につながってくるのです。

最初のきっかけはなんだか分かりませんが、
まっすぐな骨格の人なんていません。

ちょっとした左右差などがどんどん連鎖をしているのです。

ヒールの安定しない靴を履くと、一歩一歩バランスをとろうとして、
安定しているヒールよりもよけいに筋肉ががんばっちゃうのですね。

歪んだ足で何が起こるでしょう?

さて、ゆがみの程度は別として、ほとんどの人の足はゆがんでしまっているのですが、では、ゆがんだ足ではなにが起こるのでしょうか?

さて、ゆがみの程度は別として、

ほとんどの人の足はゆがんでしまっているのですが、

では、ゆがんだ足ではなにが起こるのでしょうか?

足は、立ったり歩行したりするときの「土台」という話は前回しましたが、

その土台がレンガ作りだったとしましょう。

ゆがみのない足は、レンガが設計図どおり、きっちりと組み合わさり
上に乗る重い建物をしっかり支えてくれている状態です。

一方ゆがんでしまっている足は、レンガの組み合わせがずれていたりして
とても上に建物は乗せられない状態です。

いわば、このレンガの土台が「足」の骨になるのですが、カカト・足首の骨のブロックに、いかにしっかりとスネの骨(「脚」の骨)2本が乗っているかが問題になってきます。

これが、しっかり乗ることができないと、
上の重さを支えるために、バランスで立とうとしてしまいます

すると、スネの骨2本がねじれたりしまったり
骨というブロックをつないでいる筋肉ががんばらなくてはならないのです

___________________

別冊メルマガのご案内

___________________

治療院の先生、トレーナー、指導者向けに

簡単!便利!「FT式アライメントチェック法」を

2大特典プレゼント付きで購読(全10回)いただけます。

ご希望の方は お問い合わせページからメッセージください。

ゆがみの話

人間のからだは、バランスの悪い状態を絶対に許してくれないようにできています。

前回の日記に「ゆがみのない足」はありませんと書きました。

どういう事なんでしょう?

人間のからだは、バランスの悪い状態を絶対に許してくれないようにできています。

たとえば、足のケガなどで、かばうような動きが出てくると、その状態でのからだのバランスが取れるようにからだは適応を始めようとします。

また、運動不足などで腹筋などの筋力が低下してくると、おなかの周りに脂肪をつけて、体幹を安定させようとしてくるのです。

人間が立っているときの土台。いわば基礎工事に当たる部分は「足」ですが、

人間そのものの身体の骨格のベースとなってくる部分はどこかといいますと、
ズバリ「骨盤」です。

骨盤というのは、背骨の一番下とつながっている仙骨という骨(おケツのわれ目の上にある骨)をはさんで左右2つのおおきな骨で立体的に構成されています。

からだが生活環境や日常でのかたよった動きをしているうちに、この「骨盤」の2枚の骨がゆがむことで、からだのバランスをとろうとしているのです。

骨盤が歪むと、脚の付け根である股関節の位置が変わってきたり、動きの方向などが変わってくるので、そこから下の脚→足も左右差ができてきて、さらにそのバランスを補正しようとして、膝や足首、足の各関節がバランスをとるために歪んでくるのです。

これが、骨盤から足が歪んでくる仕組みです。
(もちろん、靴などが原因で足から変形してくることもあります。)

、、というわけで、右利き左利き、PC、立ちっぱなし、座りっぱなし等、
その他、あらゆるスポーツなどすべての身体活動の影響で背骨や骨盤は「歪む」わけです。

骨盤が歪む機能はいわばバランスをとる機能であり、上下のゆがみの影響を緩和する機能でもあるのです。

少なくとも骨盤が歪んでいる人はいない=足も歪んでいない人も当然いない、、ということになります。

お分かりいただけましたでしょうか?

なぜカッコ良くていい靴はないのか?

先日とある方から質問を受けました。なんで、かっこいい靴、センスのいい靴で足にいい靴はなかなか見つからないのでしょうか?

先日とある方から質問を受けました。

なんで、かっこいい靴、センスのいい靴で足にいい靴はなかなか見つからないのでしょうか?

まずは、「いい靴」の定義とは?
という話から、、

いい靴とは、主たる使用目的・サイズ・足の形状・足の動き、すべてに合っていること。

いくら、お友達や宣伝でこの靴がいいといわれても、これらすべての条件があっていなければいい靴とはいえません。

つまり、それなりに知識を持っていないといい靴を探すのはとても難しいことなのです。

それに加えてデザインなど「好み」が加わると、、ほとんど見つからないのは、当たり前の話です。

さあ、では、一緒に勉強していきましょう!

一般に靴というのは、健康な足形をベースに靴型をおこしたものをベースに作成されます。
つまり、歪んだ足にあわせては作られていないのです。

しかも足の歪んでいない人なんていません。

歪んだ足が理想的な足型でつくられた靴に足が入った時は、足が靴に当たったりしてフィット感が悪く感じます。

仮に、履いただけではいい感触でも、いざ歩き出すと歪んだ足の動きが足に負担をかけてしまいます。

いくら設計上ではいい靴であっても、
履く人の様々な条件に合っているかが「いい靴」と判断されるための最も重要なポイントになってくるのです。

中でも、足の自由度が高い靴や、柔らかい靴、履き口の広い靴は、足の歪みに合わせて靴も歪んでくれますので、当たることはまずありません。

こういった靴は、足には一見優しいように見えるのですが、
歪んだ足から起こる動きが歩くたびに繰り返されますので、足の歪みはさらに助長されてしまう可能性が高いのです。

なぜ女性は靴で悩むのか?

なぜ女性は靴でこんなに悩まなければならないのでしょう?実用的な靴を履く男性に比べると女性の靴は、
服飾としての機能が大きく関係しているようです。

なぜ女性は靴でこんなに悩まなければならないのでしょう?


実用的な靴を履く男性に比べると女性の靴は、
服飾としての機能が大きく関係しているようです。


身分の高い人が履き物を履き始めた古代エジプトの壁画で描かれている靴(サンダル)にはあきらかな宝飾が施されています。

つまり、履物の歴史と靴のファッションの歴史は切っても切れない関係な訳です。

皆さんもちろん靴を探すときはデザインやカラーを重視しますよね?
服を選ぶのと同様にワクワクします。

アパレル店員さんは足のことや靴の知識が無くても、サイズさえ出してこれれば、
履いてみて選ぶのはお客さんだから、靴がカワイければ売れちゃいます。

一方、「足にやさしい靴売っています!」っていうお店に行き、足に優しい靴について教えてもらおうとすると、、
「ヒールは外反母趾になるから履いちゃだめ!」、、とひとくくりにされ
分かりやすいオバサンみたいな靴をすすめられちゃいます。

どちらも間違っていないんですが、、、結局、、

自分で選ぶ靴は、自分で正しい知識をつけるしかないのです。

さあ!おしゃれだけれども、自分に合った靴を探せるように勉強していきましょう!

_________________________________

足と靴とインソールの別冊メルマガのご案内

__________________

当ページのメール配信とは別に全10回のメルマガを発行しています。

治療院の先生やトレーナーの方などインソールやアライメントについて勉強したい方向けのコンテンツです。

”簡単にできる!「FT式アライメントチェック法」”を10回にわたり伝授いたします。

インソール作成において重要なアライメントチェックのノウハウを無料公開!しかも2大特典付き!読者限定で「アライメントチェック法」「インソールの基礎知識」の図解入りテキストブックのダウンロード特典をプレゼントします!

ご興味のある方はお問い合わせ欄に、メッセージを入れてメール登録をお願いします!

___________________

ランニングシューズの使い分け

よく、ショップでは、その靴を履くには実力(具体的なタイムを言われたり)が必要だとか筋力(量)が必要だとか、説明を受けることが多いです。

おはようございます!

今日も2008年12年前のブログのアーカイブス、リマスターバージョンです。

______________________

ランニングシューズ選び

______________________

・レース用
・トレーニング(ジョグ)用、、と

ランニングシューズを目的別に使い分けているランナーの皆さんが多いのではないかと思います。

しかし、多くのランナーの方のレース用とトレーニング用のシューズを実際に目の当たりにすると、、

例えば2足を使い分けているランナーの方の場合、
2足とも「たいして変わらない、」、という組み合わせで持たれている方が多いのです。

典型的なパターンとしては、
1、レース用・・・・レーシングモデルとして売られているタイプ
2、トレーニング用・レーシングモデルに限りなく近いモデル(1、よりはわずかに厚底)
、、、、、という感じです。

これでは、ウェアを着替えるくらいの気分的な差くらいしかありません。

市民ランナーの皆さんの多くは、健康のためだったり、フルを完走したいとか、
そして記録を縮めたい、などという思いがそれぞれあるはずなのですが、
唯一の道具であるシューズにおいては、オーバースペックのものを選択するケースが多く、

その場面ごとにオーバースペックのものを選択した結果、
故障したり、完走できなかったり、タイムが縮まらないという結果になっているような気がします。

ここでいうオーバースペックというのは、いわゆる実力とか走力とか筋力というレベルにあっていないという意味ではなく、

その靴で、レースもしくは練習の距離数を、その靴を使うユーザーの足(脚)の能力をどれだけ助けられるか(どれだけマイナスにしないか?)というポイントに終始します。

よく、ショップでは、その靴を履くには実力(具体的なタイムを言われたり)が必要だとか筋力(量)が必要だとか、説明を受けることが多いです。

でも、筋肉あれば、そのような靴が履けるのならボディビルダーは全員レーシングシューズですし、早いランナーは靴が原因では故障することはない、、ということになります。

いずれにしても靴選びは、自分の走力や体力レベルでなくて、
自分の足の崩れや動きのクセなどの強弱レベルに合わせることが大事だと思います。

もちろんどのくらいの強度で何Km走るのかも加味した上で、

フルマラソンのタイム別に靴のグレードが分かれているのもおかしな話で、
これは、総合的な走力をただ単純にタイムに置き換えているだけにすぎません。

もっとも足の崩れや動きのクセをはかるスケールもないですし、
そんなこと教えてあげられるお店はないですから。

理想としては、

故障の原因となる動きや偏った筋肉の使い方をしないようなシューズを、
使用するスピードや時間、環境(路面など)を考えて選ぶ。

トレーニングで使って、いい状態の足(脚)と体を作る。

その出来上がり具合にとレース内容(距離・アップダウンなど)で、試合に使うシューズを決める。

もちろん、足ができていれば、短時間のロードレースなどでは、脚の力を信じて薄く、軽量なタイプで勝負してもいいこともあるかと思います。

フルマラソンで軽量のレースシューズを使いたいなら、
セイフティなシューズでの念入りな足作りが必要ということですね。

足ができていなかったら、よりセイフティなシューズでレースにでるということです。

とにかく、靴によって自分の能力をマイナスにしない

なので、どうせ2足持つなら、トレーニング用シューズをもっともっとセイフティなシューズにすることで、
故障の少ない総合的な走力をつけておくことが大事。(インソールも効果大です)

セイフティシューズは初級者だけのものではありません!

________________________

人々を足の痛みから解放したい

日本人のインソール使用率を50%以上にしたい

www.foottrainers.net

東京都港区南青山1−2ー6ラティス青山スクエア2F

株式会社フットトレーナーズ

____________________

トップランナーのシューズ

以前、ある実業団ランナーが足底部を痛めてインソールを作りに来ました。足をついても激痛。休むしかありません。

おはようございます!

ブログアーカイブス2018年のブログから

懐かしいと同時にこんなことを書いていたんだな〜と思いますね

ブログを中断していた時期が長かったですが、もっとアウトプットを続けていればよかったと反省しています。

____________________

本日のトピックは

トップランナーのシューズ

____________________

以前、ある実業団ランナーが足底部を痛めてインソールを作りに来ました。

足をついても激痛。休むしかありません。

普段履きでランニングシューズを履いていたのをやめて、
厚底でシャンクの効いたトレッキングシューズ+インソールを普段から履くようにしてもらい、

復調に向けてのレースでは、周りの選手にびっくりされるほど初心者が履くようなセイフティシューズ+インソールで走りました。

つまり、足ができていない、完全に戻っていない不安定な状態ではトップアスリートでもセイフティシューズを履くのです。

逆に足がしっかりできている場合は薄いレーシングソールで走ったほうが、出来上がった脚力を発揮できるのです。(2020年の現在では厚底レーシングが流行していますが、薄底を新製品で出しているブランドもたくさんあり評価は拮抗しています。)

ちなみに私の知っている別の実業団の選手は、3タイプのシューズを使い分けていました。

バリバリのレース用(スポンジソールと言われる薄型)+軽量インソール

そしてバリバリのセイフティシューズ+インソール  これは主にメインレース終了後の調整やシーズン初めのLSDで使用するそうです。

3足目はその中間くらいのスペックのもの+インソール。

この3足を条件や距離、体の状態に合わせて使い分け、

さらにレース用はトレーニングシューズと同仕様のインソールと、効果の弱めの軽量インソールの2枚でさらに使い分けをしていました。

トップランナー=レース専用のシューズをいつも履いている

、、必ずしもそういうわけではないのです。

追記:中にはレース用シューズを普段ばきにも使っている選手もいます。でもこれは間違いと言えます。トップスピードで走る設計のシューズと重心の移動の遅いシューズでは設計そのものが異なるからです。

___________________

「人々を足の痛みから解放したい」

「日本人のインソール使用率を50%にしたい」

www.foottrainers.net

東京都港区南青山1−2−6ラティス青山スクエア2F

株式会社フットトレーナーズ

_____________________

ハイヒールと外反母趾

ある本に「ハイヒールは悪魔の靴」と書いてありました。はたして本当にそうなのでしょうか?

______________________

ハイヒールと外反母趾

______________________

ある本に「ハイヒールは悪魔の靴」と書いてありました。

はたして本当にそうなのでしょうか?

ハイヒールでも足が前に滑っていかなければ、
外反母趾やハンマートゥにはならないという説が最近は広まりつつあります。

それを検証するものとして、
ハイヒールを履かない子供や、田舎で一生をすごし、ヒールなどと無縁な女性にも
外反母趾はいるのです。

とある研究発表のデーターによると、
ハイヒール着用暦ありと着用暦なしの外反母趾発症率を調査してみると、
着用暦ありが着用暦なしよりも2~5%近く外反母趾発症率が高いことがわかりました。

たしかに、ハイヒール着用暦のあるないでは、着用暦ありのほうが多いのですが、
問題はそれほど圧倒的な差がないということです。

データーをさらに解析していくと、ハイヒール着用暦のない40代女性と、
ハイヒール着用暦ありの20代女性では、発症率がほとんど一緒なのです。

しかも、ハイヒールの着用年数と外反母趾の発症率は比例しないことも
調査でわかってきました。
長くハイヒールを使用している人の発症率が必ずしも高くはなく、
着用10年未満の人と30年未満の人の発症率はほとんど変わりません。

これらのことが意味しているのは、ハイヒールの誤った使用による足への負担は否めないところですが、
仮に長く履いたとしても発生率には関係ないので、20代より40代のほうが長くハイヒールを履いているから、外反母趾になりやすいという説は成り立ちません。

着用暦ありなしでもさほど大差はなく、20代40代も変わらない。
つまり、靴以外の要因もあるということです。

ホルモンバランスの影響も関係していることがわかってきたり
加齢とともに変化する姿勢も影響は大きいです。
(男性の外反母趾は70代になり急激に上昇します)

これらの要因にプラス靴がきっかけとなり外反母趾になるケースは多いと思われますが、あくまでもきっかけに過ぎないのではないかと思います。

私が思うに性差、姿勢、運動形態(歩行など)、、そして靴
これらの条件が揃うことで外反母趾は発生するものと考えます。

そこで、どんなハイヒールがいいかというと、
ヒールの高さが個々の歩行形態に合っている。(回内、回外のバランス)
足が滑りずらく、狭いトゥ部分で圧迫されない。
滑らないようにソール部分のカーブの落ち込むポイントが重心位置よりも前にある。
ヒール高が極端に高すぎないもの(前足部のみの荷重は開帳足を招きやすい)

このようなポイントに注意して選んで、決して無理はしないことです。
歩きが多いときは履かない、、フォーマルな場面では、履き替えるなどの工夫が必要ですね。

____________________

「人々を足の痛みから解放したい」

www.foottrainers.net

東京都港区南青山1−2ー6ラティス青山2F

株式会社フットトレーナーズ

____________________

インソールが原因で足底筋膜炎?

足底筋膜炎 土踏まずや足裏のかかと周辺などが痛くなる症状で、
朝起きての一歩目で足裏に激痛が走ったりします。

おはようございます!

今回からフットトレーナーズブログ・アーカイブスです。

2008年1月14日投稿のブログより

__________________

本日のトピック

フットトレーナーズブログ・アーカイブス

インソールが原因で足底筋膜炎に?

__________________

足底筋膜炎

土踏まずや足裏のかかと周辺などが痛くなる症状で、
朝起きての一歩目で足裏に激痛が走ったりします。

足底部のオーバーユースで起こることが多いのですが、
土踏まずが落ち込む動きから足裏に負担がかかることが原因となることが多いようです。

足裏の土踏まず部分のテンションが強くなったり、弱くなったりのギャップが大きいと発症しやすいようで、この症状があらわれると、完全に近い状態に戻るまで運動や足裏に負担がかかる状態を控えないと、完治までかなりの長い時間を要してしまいます。

完治しても体の使い方が足裏に負担がかかるような歩行などをしている限り、繰り返し症状があらわれてしまうこともある厄介な症状です。

足裏の土踏まず部分のテンションが強くなったり、弱くなったりのギャップが大きいという意味では、

しっかりし過ぎた、硬ーいインソールを使うと、そのインソールを使用しない状態とのギャップで足底筋膜炎になりやすくなってしまうこともあります。

先日いらしたランナーの方は、体重が掛かっても全く変形しないような硬質のプラスチックで作られたインソールを使っていました。
しかも、過回内(オーバープロネーション)と診断されて処方されて作ったものだけに土踏まずがものすごい高さで上げられています。

この方はランニングで足を使った後の土踏まずが落ち込みやすい状況で、その高いアーチでキープされた状態から一気に偏平足状態で歩くことになってしまい、足底を痛めてしまいました。

同じようなインソールを使用していて、シンスプリントになったランナーの方もいらっしゃいました。

これは、アーチの落ち込みに連動して、スネの2本の骨(脛骨・腓骨)の間の動きが大きくなり炎症をおこしてしまったことが原因のようです。

また、硬いインソールでなくても、土踏まずがつぶれるような動きが大きな方の場合で、競技のときだけインソールを使うというアスリートにも同じような症状があらわれやすかったりもします。

例えばスキー選手で、スキーの時にインソールを使っていて、練習の後のロードワークでインソールなし、、というケースだったり、
トライアスロンの選手で、バイクでは使ってるけれどランニングではインソールを使用していない場合などが代表的な例です。

柔軟性の乏しいインソールを使い慣れてしまうと、
足をがっちり支えすぎてしまい
アーチを形成している筋肉(代表的なものに後脛骨筋や腓骨筋群)が運動で使われなくなってしまうため、機能低下を起してしまう可能性があります。
もちろん、運動のたびにアーチが落ち込んでしまっている場合も、筋肉のオーバーユースで同様に機能低下してしまうのですが、だからといって逆にがっちり止めすぎると、それらの筋肉が働かなくてもよい状態になってしまうので、使わなくなってしまうのです。

土踏まずが落ち込みすぎるからといってインソールで過激にアーチをあげすぎたり、
インソールの隙間をがっちり埋めてしまったり、硬い素材で作成するとこのような危険性があるのです。

________________

「人々を足の痛みから解放したい」

www.foottrainers.net

東京都港区南青山1−2−6ラティス青山スクエア2F

株式会社フットトレーナーズ

_________________