骨で立てると、、

骨格=フレーム
人間は骨格というフレームで立つことができると、
つまり骨で立てると
体に負担をかけずに立つ事ができます。

例えば、よく首や肩がこる人、
頭が体の上にちゃんと乗っていなかったりします。

骨の上に骨がちゃんと乗って
立ったり、座ったり、動いたりができれば、
筋肉ががんばらなくてもよくて、
人間が本来すべき正しい動きができるんですが、

これが、ご存知のとおり難しく、
ちょっとしたことがきっかけとなり、
そこからの連鎖でバランスは崩れていくのです。

人は生まれながらにしてアンバランスなのでしょう。

バランスを取ろうとしてバランスを崩す。

その連鎖の繰り返しです。

骨の上に骨が乗る、、、

立ったときの一番下は足
足元からそうしたければ、靴を正しく選ぶこと、、
そしてインソールを使って歪んだ足を整えることが、どれだけ効果があるかお分かりですね。

投稿者: Kiyoshi IIDA

姿勢・動き・競技中の動作解析などからカラダの動きや姿勢の問題点を抽出しケガ予防・コンデショニング・パフォーマンスアップなど、問題解決に向けて総合的な コンサルテーションを行うスペシャリスト。 専門分野:オーダーメイドインソール 作成・アライメントトレーニング指導・シューズ全般 JOC (財)日本オリンピック委員会 強化コーチングスタッフ(2002〜2011) (財)全日本スキー連盟モーグルチームテクニカルスタッフ(2001〜2011) 2002ソルトレイクシティ・2006トリノ・2010バンクーバーオリンピックに全日本スキーチームとして帯同 NSCA認定ストレングス&コンデショニングスペシャリスト(CSCS)2004〜2015 山形県スポーツタレント発掘事業YAMAGATAドリームキッズ講師(2008〜)スポーツシューフィッター制度創始者 日本障害者スキー連盟 IDアルペン コーチ兼トレーナー(2018〜)中央大学保健体育研究所 客員研究員(2019〜)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です