なかなか治らない痛み

足底筋膜炎やシンスプリントなど、、

なかなか痛みが治らない、、ということで

トレーニングを中断したり、しばらく走らなかったり、
インソールを作ったり、、

「いろいろやってるけど、どうも完治した感じがしない、、、」

、、、という方は多いのです。

発症や痛みが起こってしまった「きっかけ」はあくまでも「きっかけ」であって、
引き金のようなもの。

引き金を引くためのなんらかの蓄積や可能性があって、引き金を引いてしまったのですから、

痛いところだけに目を向けるよりも、その原因を紐解いていけば、
長引く問題が解決できる可能が高くなります。

例えば、腰などのちょっとした動きの制限などからの連鎖で
足への負担が積み重なって、
ある時のハードな練習で痛めてしまい、
それからずっと痛い、、、

積み重ねてきた原因が腰にあるのなら、
そこがよくならないと、
いろいろな対処法で軽減はできても
痛いままかもしれません。

そのまま、痛いところだけを眺めて過ごしますか?

投稿者: Kiyoshi IIDA

姿勢・動き・競技中の動作解析などからカラダの動きや姿勢の問題点を抽出しケガ予防・コンデショニング・パフォーマンスアップなど、問題解決に向けて総合的な コンサルテーションを行うスペシャリスト。 専門分野:オーダーメイドインソール 作成・アライメントトレーニング指導・シューズ全般 JOC (財)日本オリンピック委員会 強化コーチングスタッフ(2002〜2011) (財)全日本スキー連盟モーグルチームテクニカルスタッフ(2001〜2011) 2002ソルトレイクシティ・2006トリノ・2010バンクーバーオリンピックに全日本スキーチームとして帯同 NSCA認定ストレングス&コンデショニングスペシャリスト(CSCS)2004〜2015 山形県スポーツタレント発掘事業YAMAGATAドリームキッズ講師(2008〜)スポーツシューフィッター制度創始者 日本障害者スキー連盟 IDアルペン コーチ兼トレーナー(2018〜)中央大学保健体育研究所 客員研究員(2019〜)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です