オーダー靴その2

私はこれまでにオーダーで靴を作ったことが1度あります。

いわゆる総革製のハンドソーンのピスポークシューズです。

当時、革靴の勉強をしていた時の先生(ビスポークの靴屋さんが靴教室を開いていました)にお願いして勉強のためと思って作ってもらったのですが、ブーツにしたせいも合って費用は確か30数万、製作期間は1年3ヶ月かかりました。これでもフルフルオーダーの一つ前の八部仕立て?とかいう80%フルオーダーというビスポークです。

採寸をして靴型を作り(ベースとなる靴型にのせ革をしたものを作ります。)その靴型で採寸用の靴を1足作ります。その後仮合わせ用の靴でもう1足作り、本番用の革で最後作りこんでいくという具合です。

噂には聞いていましたが、採寸用の靴を2つ作るというのを体験しました。もちろん本番用の革ではありませんが、その靴はもらえません。当たり前か、、

先生は私がインソールの専門家であると知っていたので、インソールを入れるように作ってくれました。それはとても素晴らしい履き心地です。

もったいなくて前回いつ履いたか覚えていないくらい全然履いていません。

投稿者: Kiyoshi IIDA

姿勢・動き・競技中の動作解析などからカラダの動きや姿勢の問題点を抽出しケガ予防・コンデショニング・パフォーマンスアップなど、問題解決に向けて総合的な コンサルテーションを行うスペシャリスト。 専門分野:オーダーメイドインソール 作成・アライメントトレーニング指導・シューズ全般 JOC (財)日本オリンピック委員会 強化コーチングスタッフ(2002〜2011) (財)全日本スキー連盟モーグルチームテクニカルスタッフ(2001〜2011) 2002ソルトレイクシティ・2006トリノ・2010バンクーバーオリンピックに全日本スキーチームとして帯同 NSCA認定ストレングス&コンデショニングスペシャリスト(CSCS)2004〜2015 山形県スポーツタレント発掘事業YAMAGATAドリームキッズ講師(2008〜)スポーツシューフィッター制度創始者 日本障害者スキー連盟 IDアルペン コーチ兼トレーナー(2018〜)中央大学保健体育研究所 客員研究員(2019〜)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です