LAのビジネスウーマン事情

私が米国○○の社員として働いていた頃の話です。
同僚の多くのビジネス・ウーマンのオフィスの引き出しには、ハイヒールが入っていました。

ブログで興味深い日記を発見しましたので紹介します。
以下はとある社長さんの日記です。

↓ここから
私が米国○○の社員として働いていた頃の話です。
同僚の多くのビジネス・ウーマンのオフィスの引き出しには、ハイヒールが入っていました。最初は「机に靴をしまって置くなんてあまり感心しないな」程度に思っていたのですが、後になって「これは中々面白いことを発見した」と感じたのでご紹介します。
ロサンゼルスでの話ですから、勿論みんな車で通勤です。彼女たちの多くは○○社員としての誇りと自信に溢れていて、皆ビジネス・スーツ(ドレス?)で決めています。そんな彼女たちが朝オフィスに現れるのを見ていると皆スニーカーでカジュアルな格好なんです。こう書いただけでは「それがどうした?」って感じかも知れませんが、日本の所謂OLと比べると面白い事に気がついたのです。(私の日本は18年以上前の日本ですから、かなり状況は変わっているかもしれませんが)私の記憶では日本の多くのOL達は、ハイヒールとブランド物の洋服で通勤して、オフィスでスニーカーと制服に着替えていました。(私が日本で担当していた金融機関での話です)
これではまったく正反対です。
↑ここまで

実際にNYなどの通勤風景などはTVや映画でみたものの、
実際どうなんだ?というところがあったのですが、
ロスでのリアルなお話が聞けてとてもうれしくなりました。

このように靴を履き替えるというスタイル、
実はNYの大停電がきっかけだったと聞いています。(2回ぐらいあるけど最初の、、はず)

帰宅難民になったNYのビジネスウーマンたちが、ヒールで長時間かけて家に帰り、
さんざんな目にあったのがきっかけだとか、、

いずれにしても、たくさん歩くための靴でないハイヒールで通勤して、
あまり歩かないオフィスでスニーカーやサンダルに履着替える日本人はちょっと不思議です。

ブログではこの感覚に違いについて「内」と「外」という観点から社長さんが感じたことがコメントしてあり、非常におもしろく読ませていただきました。

電車の中でお化粧をしている女性を見かけると、その女性にとってどこからが外なのかな?と疑問に思うのは私だけでしょうか?

ローヒールパンプスは難しい

パンプスやハイヒール、、ヒールの高い靴は問題視されがちですが、、
実は、ローヒールのパンプスの調整は非常に難しかったりします。

理由は、、、、
足が、回内してしまうから、、、

 回内、、、親指側に土踏まずをつぶすような動き(外反)をしてしまうこと、、

通常ヒールが高くなればなるほど、つま先立ち状態に近づき回外しやすい傾向になります。

 回外、、、回内の反対。小指側に倒れるような動き(内反)のこと、、

平地で回内(外反)傾向の強い足の人は、ヒールを高くしていくと、逆に回内(内反)傾向に変わってきます。

つまり、ヒールを履くことによって、この回内から起きる様々な問題や症状が起こりにくくなるのです。

試しにつま先立ちしてみてください、小指のほうに体重が移動するのがわかりますよね?

もちろん、左右の足で動きの癖や骨格の状態は違いますので、
両足とも同時にニュートラルの状態になることはないにしても、

回内足(外反足・土踏まずが落ち込んだ偏平足)の方は、
適当な高さのヒールを使用すると、、、
重心は外に行きやすくなるし、足のアーチも足底筋が引っ張られることで一時的に復活しますので、
非常に安定した足元を作り出せちゃう人が多いということなんです。

特に女性は、男性より足部の回内(外反)傾向が強く、
もし、女性がヒールを履いていなかったら、、もっと回内足の人が増えていたかもしれません。
これが、男性も履いていたハイヒールが女性用として生き残った理由なのかもしれません。

ヒールの靴を履くから外反母趾になる、、と思い込んでいる方やそういった考えが定着しているので、
伝わりにくいところではありますが、
ヒールを一回も履いたことのない田舎のおばあちゃんにも外反母趾はいますし、
もちろんヒールを履くはずもない小学生でもなりますし、少ないですが男性もなります。
その方たちは基本的には回内足です。

一方、ヒールをたくさん履いて、外反母趾になったという人は、
前足部の扁平(ハイアーチの人に多い)=開帳足 だったり、
ヒールで足が前に滑ってしまって、狭いつま先で圧迫されるなど、
靴による負担が多いと感じます。

、、でローヒールのパンプスですが、
3cm以下ぐらいのプレーンなパンプスや2cm~1cmぐらいの小さいヒールのついたとんがり靴では、
やはり、足部に回内がおこりやすく、履き口も広いので、内側ががばーっと開いちゃいます。

しかも、低くなれば低くなるほど、かかとへの体重は増すため、シャンクが必要なはずなのに、
ヒールの高い靴はシャンクが入り(構造上シャンクが強くないと壊れてしまう)
ヒールの低い靴はシャンクがなくても壊れないので省略されていて、靴底のどこでも曲がる靴が多いのも事実です。

回内が起こりやすいということは、足が歩行で運動をするときに、余計な動きをたくさん、しかも大きくするということなので、やわらかい靴ならまだしも、革のしっかりした靴では、まずフィッティングができないでしょう。

特にプレーンなパンプスをあわせるのは、履く人の回内・回外傾向をしっかり把握して、
適切なヒール高を読み取ってあげてフィッティングすると良いと思います。

履きやすい靴って?

履きやすい靴というのは、普通は「歩きやすい靴」の意味で使われるべきなんでしょうが、、脱ぎ履きのしやすさを「履きやすい」とも言ってしまったりもします。

履きやすい靴というのは、普通は「歩きやすい靴」の意味で使われるべきなんでしょうが、、脱ぎ履きのしやすさを「履きやすい」とも言ってしまったりもします。

履くという数秒の行為に時間をかけないのは脱ぎ履きの多い日本やアジアの家屋が産んだ文化なのでしょう。

実は履きにくい(脱ぎ履きしにくい)靴こそ、歩くためには機能的な靴が多いのです。

柔らかくて誰にでも、どんなゆがんだ足にでもフィットする靴が、足に合ういい靴だと思われがちですが、長時間の歩行に向いていなかったりもします。
この辺を私たちは確かな知識をもって、しっかり選んでいかなければなりません。

在日フランス人の友人は必ず脱ぎ履きの時に、どんな靴であろうと紐をといて脱ぎ、結び直して履いています。
その動作のさりげなさは完全に当たり前のこととして染み付いている感じです。

大量生産や大量販売のための間違いだらけのマーケティングが、消費者に媚びた靴を作らせ、
結果、履きやすいブランドとしてネームバリューだけで売れている。

遺伝子情報的にも靴の歴史が浅い日本人の足を、超高速で悪くしているような気がしてなりません。

美容義務違反

以前パンプスが合わないと調整に来た某有名航空会社のCA(スチュワーデス)さんのお話です。

彼女たちは指定のパンプスを支給されています。
指定以外のパンプスを履くときは自己負担で購入しなければなりません。

でもストラップが着いていたり、甲部分を覆う面積が多かったりすると、「美容義務違反」となるらしいです。

どんなペナルティを課せられるのかわかりませんが、
美容義務も本末転倒だと思いませんか?

就活もパンプス履いてないと採用されないのでしょうか?

パンプスも元々歩くための靴じゃないです。
だから立ち仕事させたり、長時間歩かせるべきないという常識を定着させるべきです。

車内・社内禁煙が当たり前になったように、、、

ヒールはお洒落を楽しむ人が自己の責任で履くべきものじゃないでしょうか?

歩行困難になったりあざだらけになったCAさんは会社を訴えましょう。
美容を維持出来なくなった責任を取れと、

ヒールからスニーカーに履き替えると腰が痛くなる人は?

人間は骨で立てていれば、筋肉に負担をかけることがありません。文字通り骨格(フレーム)なんですね。

ヒールからスニーカーに履き替えると腰が痛くなる人は?

人間は骨で立てていれば、筋肉に負担をかけることがありません。
文字通り骨格(フレーム)なんですね。

そして人間の体は不安定な状態を絶対に許してくれず、姿勢にしても必ず補正をして、バランスを取ろうとします。

通常、不安定な姿勢では筋肉に負担がかかっており、それを補正しようとする段階や運動の中でも筋肉に負担がかかります。

このような偏った筋肉の使い方が、コリや痛みとなってでてくるわけです。

お仕事などでヒールやパンプスを履かなければならない方や、常にヒールを履いている方は、
通常の姿勢がヒールの姿勢で安定しつつあるので、逆にスニーカーなどを履くことで姿勢や筋肉の使い方や稼動範囲がかわってしまい、逆に筋肉が張ってしまうんです。

なぜカッコ良くていい靴はないのか?

先日とある方から質問を受けました。なんで、かっこいい靴、センスのいい靴で足にいい靴はなかなか見つからないのでしょうか?

先日とある方から質問を受けました。

なんで、かっこいい靴、センスのいい靴で足にいい靴はなかなか見つからないのでしょうか?

まずは、「いい靴」の定義とは?
という話から、、

いい靴とは、主たる使用目的・サイズ・足の形状・足の動き、すべてに合っていること。

いくら、お友達や宣伝でこの靴がいいといわれても、これらすべての条件があっていなければいい靴とはいえません。

つまり、それなりに知識を持っていないといい靴を探すのはとても難しいことなのです。

それに加えてデザインなど「好み」が加わると、、ほとんど見つからないのは、当たり前の話です。

さあ、では、一緒に勉強していきましょう!

一般に靴というのは、健康な足形をベースに靴型をおこしたものをベースに作成されます。
つまり、歪んだ足にあわせては作られていないのです。

しかも足の歪んでいない人なんていません。

歪んだ足が理想的な足型でつくられた靴に足が入った時は、足が靴に当たったりしてフィット感が悪く感じます。

仮に、履いただけではいい感触でも、いざ歩き出すと歪んだ足の動きが足に負担をかけてしまいます。

いくら設計上ではいい靴であっても、
履く人の様々な条件に合っているかが「いい靴」と判断されるための最も重要なポイントになってくるのです。

中でも、足の自由度が高い靴や、柔らかい靴、履き口の広い靴は、足の歪みに合わせて靴も歪んでくれますので、当たることはまずありません。

こういった靴は、足には一見優しいように見えるのですが、
歪んだ足から起こる動きが歩くたびに繰り返されますので、足の歪みはさらに助長されてしまう可能性が高いのです。

なぜ女性は靴で悩むのか?

なぜ女性は靴でこんなに悩まなければならないのでしょう?実用的な靴を履く男性に比べると女性の靴は、
服飾としての機能が大きく関係しているようです。

なぜ女性は靴でこんなに悩まなければならないのでしょう?


実用的な靴を履く男性に比べると女性の靴は、
服飾としての機能が大きく関係しているようです。


身分の高い人が履き物を履き始めた古代エジプトの壁画で描かれている靴(サンダル)にはあきらかな宝飾が施されています。

つまり、履物の歴史と靴のファッションの歴史は切っても切れない関係な訳です。

皆さんもちろん靴を探すときはデザインやカラーを重視しますよね?
服を選ぶのと同様にワクワクします。

アパレル店員さんは足のことや靴の知識が無くても、サイズさえ出してこれれば、
履いてみて選ぶのはお客さんだから、靴がカワイければ売れちゃいます。

一方、「足にやさしい靴売っています!」っていうお店に行き、足に優しい靴について教えてもらおうとすると、、
「ヒールは外反母趾になるから履いちゃだめ!」、、とひとくくりにされ
分かりやすいオバサンみたいな靴をすすめられちゃいます。

どちらも間違っていないんですが、、、結局、、

自分で選ぶ靴は、自分で正しい知識をつけるしかないのです。

さあ!おしゃれだけれども、自分に合った靴を探せるように勉強していきましょう!

_________________________________

足と靴とインソールの別冊メルマガのご案内

__________________

当ページのメール配信とは別に全10回のメルマガを発行しています。

治療院の先生やトレーナーの方などインソールやアライメントについて勉強したい方向けのコンテンツです。

”簡単にできる!「FT式アライメントチェック法」”を10回にわたり伝授いたします。

インソール作成において重要なアライメントチェックのノウハウを無料公開!しかも2大特典付き!読者限定で「アライメントチェック法」「インソールの基礎知識」の図解入りテキストブックのダウンロード特典をプレゼントします!

ご興味のある方はお問い合わせ欄に、メッセージを入れてメール登録をお願いします!

___________________

ランニングシューズの使い分け

よく、ショップでは、その靴を履くには実力(具体的なタイムを言われたり)が必要だとか筋力(量)が必要だとか、説明を受けることが多いです。

おはようございます!

今日も2008年12年前のブログのアーカイブス、リマスターバージョンです。

______________________

ランニングシューズ選び

______________________

・レース用
・トレーニング(ジョグ)用、、と

ランニングシューズを目的別に使い分けているランナーの皆さんが多いのではないかと思います。

しかし、多くのランナーの方のレース用とトレーニング用のシューズを実際に目の当たりにすると、、

例えば2足を使い分けているランナーの方の場合、
2足とも「たいして変わらない、」、という組み合わせで持たれている方が多いのです。

典型的なパターンとしては、
1、レース用・・・・レーシングモデルとして売られているタイプ
2、トレーニング用・レーシングモデルに限りなく近いモデル(1、よりはわずかに厚底)
、、、、、という感じです。

これでは、ウェアを着替えるくらいの気分的な差くらいしかありません。

市民ランナーの皆さんの多くは、健康のためだったり、フルを完走したいとか、
そして記録を縮めたい、などという思いがそれぞれあるはずなのですが、
唯一の道具であるシューズにおいては、オーバースペックのものを選択するケースが多く、

その場面ごとにオーバースペックのものを選択した結果、
故障したり、完走できなかったり、タイムが縮まらないという結果になっているような気がします。

ここでいうオーバースペックというのは、いわゆる実力とか走力とか筋力というレベルにあっていないという意味ではなく、

その靴で、レースもしくは練習の距離数を、その靴を使うユーザーの足(脚)の能力をどれだけ助けられるか(どれだけマイナスにしないか?)というポイントに終始します。

よく、ショップでは、その靴を履くには実力(具体的なタイムを言われたり)が必要だとか筋力(量)が必要だとか、説明を受けることが多いです。

でも、筋肉あれば、そのような靴が履けるのならボディビルダーは全員レーシングシューズですし、早いランナーは靴が原因では故障することはない、、ということになります。

いずれにしても靴選びは、自分の走力や体力レベルでなくて、
自分の足の崩れや動きのクセなどの強弱レベルに合わせることが大事だと思います。

もちろんどのくらいの強度で何Km走るのかも加味した上で、

フルマラソンのタイム別に靴のグレードが分かれているのもおかしな話で、
これは、総合的な走力をただ単純にタイムに置き換えているだけにすぎません。

もっとも足の崩れや動きのクセをはかるスケールもないですし、
そんなこと教えてあげられるお店はないですから。

理想としては、

故障の原因となる動きや偏った筋肉の使い方をしないようなシューズを、
使用するスピードや時間、環境(路面など)を考えて選ぶ。

トレーニングで使って、いい状態の足(脚)と体を作る。

その出来上がり具合にとレース内容(距離・アップダウンなど)で、試合に使うシューズを決める。

もちろん、足ができていれば、短時間のロードレースなどでは、脚の力を信じて薄く、軽量なタイプで勝負してもいいこともあるかと思います。

フルマラソンで軽量のレースシューズを使いたいなら、
セイフティなシューズでの念入りな足作りが必要ということですね。

足ができていなかったら、よりセイフティなシューズでレースにでるということです。

とにかく、靴によって自分の能力をマイナスにしない

なので、どうせ2足持つなら、トレーニング用シューズをもっともっとセイフティなシューズにすることで、
故障の少ない総合的な走力をつけておくことが大事。(インソールも効果大です)

セイフティシューズは初級者だけのものではありません!

________________________

人々を足の痛みから解放したい

日本人のインソール使用率を50%以上にしたい

www.foottrainers.net

東京都港区南青山1−2ー6ラティス青山スクエア2F

株式会社フットトレーナーズ

____________________

トップランナーのシューズ

以前、ある実業団ランナーが足底部を痛めてインソールを作りに来ました。足をついても激痛。休むしかありません。

おはようございます!

ブログアーカイブス2018年のブログから

懐かしいと同時にこんなことを書いていたんだな〜と思いますね

ブログを中断していた時期が長かったですが、もっとアウトプットを続けていればよかったと反省しています。

____________________

本日のトピックは

トップランナーのシューズ

____________________

以前、ある実業団ランナーが足底部を痛めてインソールを作りに来ました。

足をついても激痛。休むしかありません。

普段履きでランニングシューズを履いていたのをやめて、
厚底でシャンクの効いたトレッキングシューズ+インソールを普段から履くようにしてもらい、

復調に向けてのレースでは、周りの選手にびっくりされるほど初心者が履くようなセイフティシューズ+インソールで走りました。

つまり、足ができていない、完全に戻っていない不安定な状態ではトップアスリートでもセイフティシューズを履くのです。

逆に足がしっかりできている場合は薄いレーシングソールで走ったほうが、出来上がった脚力を発揮できるのです。(2020年の現在では厚底レーシングが流行していますが、薄底を新製品で出しているブランドもたくさんあり評価は拮抗しています。)

ちなみに私の知っている別の実業団の選手は、3タイプのシューズを使い分けていました。

バリバリのレース用(スポンジソールと言われる薄型)+軽量インソール

そしてバリバリのセイフティシューズ+インソール  これは主にメインレース終了後の調整やシーズン初めのLSDで使用するそうです。

3足目はその中間くらいのスペックのもの+インソール。

この3足を条件や距離、体の状態に合わせて使い分け、

さらにレース用はトレーニングシューズと同仕様のインソールと、効果の弱めの軽量インソールの2枚でさらに使い分けをしていました。

トップランナー=レース専用のシューズをいつも履いている

、、必ずしもそういうわけではないのです。

追記:中にはレース用シューズを普段ばきにも使っている選手もいます。でもこれは間違いと言えます。トップスピードで走る設計のシューズと重心の移動の遅いシューズでは設計そのものが異なるからです。

___________________

「人々を足の痛みから解放したい」

「日本人のインソール使用率を50%にしたい」

www.foottrainers.net

東京都港区南青山1−2−6ラティス青山スクエア2F

株式会社フットトレーナーズ

_____________________

ハイヒールと外反母趾

ある本に「ハイヒールは悪魔の靴」と書いてありました。はたして本当にそうなのでしょうか?

______________________

ハイヒールと外反母趾

______________________

ある本に「ハイヒールは悪魔の靴」と書いてありました。

はたして本当にそうなのでしょうか?

ハイヒールでも足が前に滑っていかなければ、
外反母趾やハンマートゥにはならないという説が最近は広まりつつあります。

それを検証するものとして、
ハイヒールを履かない子供や、田舎で一生をすごし、ヒールなどと無縁な女性にも
外反母趾はいるのです。

とある研究発表のデーターによると、
ハイヒール着用暦ありと着用暦なしの外反母趾発症率を調査してみると、
着用暦ありが着用暦なしよりも2~5%近く外反母趾発症率が高いことがわかりました。

たしかに、ハイヒール着用暦のあるないでは、着用暦ありのほうが多いのですが、
問題はそれほど圧倒的な差がないということです。

データーをさらに解析していくと、ハイヒール着用暦のない40代女性と、
ハイヒール着用暦ありの20代女性では、発症率がほとんど一緒なのです。

しかも、ハイヒールの着用年数と外反母趾の発症率は比例しないことも
調査でわかってきました。
長くハイヒールを使用している人の発症率が必ずしも高くはなく、
着用10年未満の人と30年未満の人の発症率はほとんど変わりません。

これらのことが意味しているのは、ハイヒールの誤った使用による足への負担は否めないところですが、
仮に長く履いたとしても発生率には関係ないので、20代より40代のほうが長くハイヒールを履いているから、外反母趾になりやすいという説は成り立ちません。

着用暦ありなしでもさほど大差はなく、20代40代も変わらない。
つまり、靴以外の要因もあるということです。

ホルモンバランスの影響も関係していることがわかってきたり
加齢とともに変化する姿勢も影響は大きいです。
(男性の外反母趾は70代になり急激に上昇します)

これらの要因にプラス靴がきっかけとなり外反母趾になるケースは多いと思われますが、あくまでもきっかけに過ぎないのではないかと思います。

私が思うに性差、姿勢、運動形態(歩行など)、、そして靴
これらの条件が揃うことで外反母趾は発生するものと考えます。

そこで、どんなハイヒールがいいかというと、
ヒールの高さが個々の歩行形態に合っている。(回内、回外のバランス)
足が滑りずらく、狭いトゥ部分で圧迫されない。
滑らないようにソール部分のカーブの落ち込むポイントが重心位置よりも前にある。
ヒール高が極端に高すぎないもの(前足部のみの荷重は開帳足を招きやすい)

このようなポイントに注意して選んで、決して無理はしないことです。
歩きが多いときは履かない、、フォーマルな場面では、履き替えるなどの工夫が必要ですね。

____________________

「人々を足の痛みから解放したい」

www.foottrainers.net

東京都港区南青山1−2ー6ラティス青山2F

株式会社フットトレーナーズ

____________________