なぜ女性は靴で悩むのか?

なぜ女性は靴でこんなに悩まなければならないのでしょう?実用的な靴を履く男性に比べると女性の靴は、
服飾としての機能が大きく関係しているようです。

なぜ女性は靴でこんなに悩まなければならないのでしょう?


実用的な靴を履く男性に比べると女性の靴は、
服飾としての機能が大きく関係しているようです。


身分の高い人が履き物を履き始めた古代エジプトの壁画で描かれている靴(サンダル)にはあきらかな宝飾が施されています。

つまり、履物の歴史と靴のファッションの歴史は切っても切れない関係な訳です。

皆さんもちろん靴を探すときはデザインやカラーを重視しますよね?
服を選ぶのと同様にワクワクします。

アパレル店員さんは足のことや靴の知識が無くても、サイズさえ出してこれれば、
履いてみて選ぶのはお客さんだから、靴がカワイければ売れちゃいます。

一方、「足にやさしい靴売っています!」っていうお店に行き、足に優しい靴について教えてもらおうとすると、、
「ヒールは外反母趾になるから履いちゃだめ!」、、とひとくくりにされ
分かりやすいオバサンみたいな靴をすすめられちゃいます。

どちらも間違っていないんですが、、、結局、、

自分で選ぶ靴は、自分で正しい知識をつけるしかないのです。

さあ!おしゃれだけれども、自分に合った靴を探せるように勉強していきましょう!

_________________________________

足と靴とインソールの別冊メルマガのご案内

__________________

当ページのメール配信とは別に全10回のメルマガを発行しています。

治療院の先生やトレーナーの方などインソールやアライメントについて勉強したい方向けのコンテンツです。

”簡単にできる!「FT式アライメントチェック法」”を10回にわたり伝授いたします。

インソール作成において重要なアライメントチェックのノウハウを無料公開!しかも2大特典付き!読者限定で「アライメントチェック法」「インソールの基礎知識」の図解入りテキストブックのダウンロード特典をプレゼントします!

ご興味のある方はお問い合わせ欄に、メッセージを入れてメール登録をお願いします!

___________________

ハイヒールと外反母趾

ある本に「ハイヒールは悪魔の靴」と書いてありました。はたして本当にそうなのでしょうか?

______________________

ハイヒールと外反母趾

______________________

ある本に「ハイヒールは悪魔の靴」と書いてありました。

はたして本当にそうなのでしょうか?

ハイヒールでも足が前に滑っていかなければ、
外反母趾やハンマートゥにはならないという説が最近は広まりつつあります。

それを検証するものとして、
ハイヒールを履かない子供や、田舎で一生をすごし、ヒールなどと無縁な女性にも
外反母趾はいるのです。

とある研究発表のデーターによると、
ハイヒール着用暦ありと着用暦なしの外反母趾発症率を調査してみると、
着用暦ありが着用暦なしよりも2~5%近く外反母趾発症率が高いことがわかりました。

たしかに、ハイヒール着用暦のあるないでは、着用暦ありのほうが多いのですが、
問題はそれほど圧倒的な差がないということです。

データーをさらに解析していくと、ハイヒール着用暦のない40代女性と、
ハイヒール着用暦ありの20代女性では、発症率がほとんど一緒なのです。

しかも、ハイヒールの着用年数と外反母趾の発症率は比例しないことも
調査でわかってきました。
長くハイヒールを使用している人の発症率が必ずしも高くはなく、
着用10年未満の人と30年未満の人の発症率はほとんど変わりません。

これらのことが意味しているのは、ハイヒールの誤った使用による足への負担は否めないところですが、
仮に長く履いたとしても発生率には関係ないので、20代より40代のほうが長くハイヒールを履いているから、外反母趾になりやすいという説は成り立ちません。

着用暦ありなしでもさほど大差はなく、20代40代も変わらない。
つまり、靴以外の要因もあるということです。

ホルモンバランスの影響も関係していることがわかってきたり
加齢とともに変化する姿勢も影響は大きいです。
(男性の外反母趾は70代になり急激に上昇します)

これらの要因にプラス靴がきっかけとなり外反母趾になるケースは多いと思われますが、あくまでもきっかけに過ぎないのではないかと思います。

私が思うに性差、姿勢、運動形態(歩行など)、、そして靴
これらの条件が揃うことで外反母趾は発生するものと考えます。

そこで、どんなハイヒールがいいかというと、
ヒールの高さが個々の歩行形態に合っている。(回内、回外のバランス)
足が滑りずらく、狭いトゥ部分で圧迫されない。
滑らないようにソール部分のカーブの落ち込むポイントが重心位置よりも前にある。
ヒール高が極端に高すぎないもの(前足部のみの荷重は開帳足を招きやすい)

このようなポイントに注意して選んで、決して無理はしないことです。
歩きが多いときは履かない、、フォーマルな場面では、履き替えるなどの工夫が必要ですね。

____________________

「人々を足の痛みから解放したい」

www.foottrainers.net

東京都港区南青山1−2ー6ラティス青山2F

株式会社フットトレーナーズ

____________________