インソールが原因で足底筋膜炎?

足底筋膜炎 土踏まずや足裏のかかと周辺などが痛くなる症状で、
朝起きての一歩目で足裏に激痛が走ったりします。

おはようございます!

今回からフットトレーナーズブログ・アーカイブスです。

2008年1月14日投稿のブログより

__________________

本日のトピック

フットトレーナーズブログ・アーカイブス

インソールが原因で足底筋膜炎に?

__________________

足底筋膜炎

土踏まずや足裏のかかと周辺などが痛くなる症状で、
朝起きての一歩目で足裏に激痛が走ったりします。

足底部のオーバーユースで起こることが多いのですが、
土踏まずが落ち込む動きから足裏に負担がかかることが原因となることが多いようです。

足裏の土踏まず部分のテンションが強くなったり、弱くなったりのギャップが大きいと発症しやすいようで、この症状があらわれると、完全に近い状態に戻るまで運動や足裏に負担がかかる状態を控えないと、完治までかなりの長い時間を要してしまいます。

完治しても体の使い方が足裏に負担がかかるような歩行などをしている限り、繰り返し症状があらわれてしまうこともある厄介な症状です。

足裏の土踏まず部分のテンションが強くなったり、弱くなったりのギャップが大きいという意味では、

しっかりし過ぎた、硬ーいインソールを使うと、そのインソールを使用しない状態とのギャップで足底筋膜炎になりやすくなってしまうこともあります。

先日いらしたランナーの方は、体重が掛かっても全く変形しないような硬質のプラスチックで作られたインソールを使っていました。
しかも、過回内(オーバープロネーション)と診断されて処方されて作ったものだけに土踏まずがものすごい高さで上げられています。

この方はランニングで足を使った後の土踏まずが落ち込みやすい状況で、その高いアーチでキープされた状態から一気に偏平足状態で歩くことになってしまい、足底を痛めてしまいました。

同じようなインソールを使用していて、シンスプリントになったランナーの方もいらっしゃいました。

これは、アーチの落ち込みに連動して、スネの2本の骨(脛骨・腓骨)の間の動きが大きくなり炎症をおこしてしまったことが原因のようです。

また、硬いインソールでなくても、土踏まずがつぶれるような動きが大きな方の場合で、競技のときだけインソールを使うというアスリートにも同じような症状があらわれやすかったりもします。

例えばスキー選手で、スキーの時にインソールを使っていて、練習の後のロードワークでインソールなし、、というケースだったり、
トライアスロンの選手で、バイクでは使ってるけれどランニングではインソールを使用していない場合などが代表的な例です。

柔軟性の乏しいインソールを使い慣れてしまうと、
足をがっちり支えすぎてしまい
アーチを形成している筋肉(代表的なものに後脛骨筋や腓骨筋群)が運動で使われなくなってしまうため、機能低下を起してしまう可能性があります。
もちろん、運動のたびにアーチが落ち込んでしまっている場合も、筋肉のオーバーユースで同様に機能低下してしまうのですが、だからといって逆にがっちり止めすぎると、それらの筋肉が働かなくてもよい状態になってしまうので、使わなくなってしまうのです。

土踏まずが落ち込みすぎるからといってインソールで過激にアーチをあげすぎたり、
インソールの隙間をがっちり埋めてしまったり、硬い素材で作成するとこのような危険性があるのです。

________________

「人々を足の痛みから解放したい」

www.foottrainers.net

東京都港区南青山1−2−6ラティス青山スクエア2F

株式会社フットトレーナーズ

_________________

医療用インソールについて

医療用のインソールとは、治療目的で作られるインソールのことです。

おはようございます!

昨日の投稿で厚底シューズについて書きましたがこんなお客様もいらっしゃいました。

厚底レースシューズで足首周りを故障して、ノーマルのセイフティシューズ+インソールで走ると痛みが出なくなり、しばらく痛みが出なかったのですが、シューズを厚底レースシューズに戻したら急にまた再発しました。インソールは入っていましたが、インソールで動きを止める以上に足首の内外への動きが大きかったのでしょう。

______________________

本日のトピック

医療用インソールについて

______________________

医療用のインソールとは、治療目的で作られるインソールのことです。

よく病院に行っても「骨に異常はありません、湿布を出しときます」しか言われない、とよく聞きますが、病院とはそういうところなんですね。仮に病名や怪我の名前がつく様な診断ができたとしても、軽症であれば、原因がどうとかはあまり言ってはくれません。お医者さんは「今ここにある怪我や病気」と向き合うのが仕事です。

フワッとした症状にフワッとした診断をしませんし、サプリメントを勧めるわけではなので、薬だって痛ければ症状にあった痛み止めを出してくれます。スポーツドクターの一部の先生はアライメントを見て問題の原因を教えてくれるかもしれませんが、基本的に専門外です。

同様に医療用のインソールとは、足の怪我や故障に対し、医師の指示で義肢装具士が作る医療用足底板のことをいいます。

基本的にドクターのインソールは、症状の固定もしくは保存(悪くならない様にそっとしておく)を目的で足底板を処方します。ギブスまでいかないけれど、足裏のアーチを固定しといた方が痛みが出ないだろう、といった時などに処方されるのです。

医療用のインソールや医療の現場から開発されたインソールというのは、基本は足の固定を目的とするものが多いのです。明らかにスポーツから開発されたスポーツ用インソールとはその生い立ちが異なるのです。

スポーツインソールは、足の運動を、インソールのカカト部分、アーチ部分などを立体的にサポートすることで、足の動きをコントロールし、重心の移動をコントロールすることに長けています。医療用インソールが「静」ならスポーツインソールは「動」になるわけです。

日本の理学療法士の方が開発したインソールがありますが、パーツを貼っては歩き、を繰り返し、パーツの処方が複雑すぎて作成に時間がかかり、また、再現性も低いこと、スポーツで使用すると足裏に反発が強すぎたりズレたりするので、あまりスポーツ向きとは言えません。

医療と聞くと、医者ドクター国家資格、と連想され、ドクターのいうことが正しい。となりがちですが、そもそも専門分野で余程足のことを研究しているドクターでもない限りは、足の動きや重心の位置、姿勢やアライメントといったものは専門外であることが多いのです。

つまり、スポーツインソールの競合(コンペティター)は医療インソールではないということです。

たまに私も言われることがあります。「インソールはお医者さんで作っているから大丈夫です」、、と

ちなみにフットトレーナーズのお客様にはドクター、お医者様が多いです。

ランニングフォーム、ゴルフ用インソール、歩行指導を定期的に受けにいらしているお客さんは実はドクターだらけです。

______________________

「人々を足の痛みから解放したい」

www.foottrainers.net

東京都港区南青山1−2−6ラティス青山スクエア2F

株式会社フットトレーナーズ

_______________________