歪みから筋肉への負担

骨格のことをフレームといいますが、フレームというと、自転車や自動車の骨組みだったり、
ビルの鉄筋などを想像しちゃいますね。人間の骨格も、フレーム、つまり骨組みや鉄筋なわけです。

骨格のことをフレームといいますが、

フレームというと、自転車や自動車の骨組みだったり、
ビルの鉄筋などを想像しちゃいますね。

人間の骨格も、フレーム、つまり骨組みや鉄筋と同じなわけです。

この骨組みが設計図どおりではなく、ゆがみ始めると、
筋肉に負担がかかり始めます。

筋肉は、立っているときのバランスをとったり、
体の姿勢のバランスをコントロールしたり、
動きの中でのバランスを補正するために一生懸命がんばってくれますが、

日常生活でいつも同じような姿勢やクセのある動き、
スポーツなどで同じところしか使わない、、などなど、、で

使いすぎの状態になってきてしまいます。
筋肉の使いすぎは、違う筋肉とのバランス関係を崩したりして、
さらに骨組みのゆがみを発生させます。

このメカニズムが、皆さんの悩みの外反母趾やO脚、、さらに肩こり・腰痛につながってくるのです。

最初のきっかけはなんだか分かりませんが、
まっすぐな骨格の人なんていません。

ちょっとした左右差などがどんどん連鎖をしているのです。

ヒールの安定しない靴を履くと、一歩一歩バランスをとろうとして、
安定しているヒールよりもよけいに筋肉ががんばっちゃうのですね。

歪んだ足で何が起こるでしょう?

さて、ゆがみの程度は別として、ほとんどの人の足はゆがんでしまっているのですが、では、ゆがんだ足ではなにが起こるのでしょうか?

さて、ゆがみの程度は別として、

ほとんどの人の足はゆがんでしまっているのですが、

では、ゆがんだ足ではなにが起こるのでしょうか?

足は、立ったり歩行したりするときの「土台」という話は前回しましたが、

その土台がレンガ作りだったとしましょう。

ゆがみのない足は、レンガが設計図どおり、きっちりと組み合わさり
上に乗る重い建物をしっかり支えてくれている状態です。

一方ゆがんでしまっている足は、レンガの組み合わせがずれていたりして
とても上に建物は乗せられない状態です。

いわば、このレンガの土台が「足」の骨になるのですが、カカト・足首の骨のブロックに、いかにしっかりとスネの骨(「脚」の骨)2本が乗っているかが問題になってきます。

これが、しっかり乗ることができないと、
上の重さを支えるために、バランスで立とうとしてしまいます

すると、スネの骨2本がねじれたりしまったり
骨というブロックをつないでいる筋肉ががんばらなくてはならないのです

___________________

別冊メルマガのご案内

___________________

治療院の先生、トレーナー、指導者向けに

簡単!便利!「FT式アライメントチェック法」を

2大特典プレゼント付きで購読(全10回)いただけます。

ご希望の方は お問い合わせページからメッセージください。

ゆがみの話

人間のからだは、バランスの悪い状態を絶対に許してくれないようにできています。

前回の日記に「ゆがみのない足」はありませんと書きました。

どういう事なんでしょう?

人間のからだは、バランスの悪い状態を絶対に許してくれないようにできています。

たとえば、足のケガなどで、かばうような動きが出てくると、その状態でのからだのバランスが取れるようにからだは適応を始めようとします。

また、運動不足などで腹筋などの筋力が低下してくると、おなかの周りに脂肪をつけて、体幹を安定させようとしてくるのです。

人間が立っているときの土台。いわば基礎工事に当たる部分は「足」ですが、

人間そのものの身体の骨格のベースとなってくる部分はどこかといいますと、
ズバリ「骨盤」です。

骨盤というのは、背骨の一番下とつながっている仙骨という骨(おケツのわれ目の上にある骨)をはさんで左右2つのおおきな骨で立体的に構成されています。

からだが生活環境や日常でのかたよった動きをしているうちに、この「骨盤」の2枚の骨がゆがむことで、からだのバランスをとろうとしているのです。

骨盤が歪むと、脚の付け根である股関節の位置が変わってきたり、動きの方向などが変わってくるので、そこから下の脚→足も左右差ができてきて、さらにそのバランスを補正しようとして、膝や足首、足の各関節がバランスをとるために歪んでくるのです。

これが、骨盤から足が歪んでくる仕組みです。
(もちろん、靴などが原因で足から変形してくることもあります。)

、、というわけで、右利き左利き、PC、立ちっぱなし、座りっぱなし等、
その他、あらゆるスポーツなどすべての身体活動の影響で背骨や骨盤は「歪む」わけです。

骨盤が歪む機能はいわばバランスをとる機能であり、上下のゆがみの影響を緩和する機能でもあるのです。

少なくとも骨盤が歪んでいる人はいない=足も歪んでいない人も当然いない、、ということになります。

お分かりいただけましたでしょうか?